お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

解雇予告手当とは?~手当の特徴を学ぼう~

2022年6月9日

 

職場トラブルの1つに、労働契約関係があります。
特に解雇になると、当事者同士がいくら丁寧に対応していても、揉めてしまうことは少なくありません。

ところで、解雇の状況によっては解雇予告手当を受け取ることができます。

今回は、解雇予告手当特徴についてご説明しましょう。

解雇予告手当の特徴~支給される時の状況~

一方的な解雇は、労働者にとって不利になることばかりです。
それを避けるために、労働基準法では解雇を行う場合、事前に予告することを定めています。
事前というのは、少なくとも「30日前まで」と決められています。

しかし、事前の予告ができない状況の時もあり得ます。
そのような場合は、解雇予告手当を支払わなければなりません。

解雇予告手当は、企業が本来なら30日前までに行うはずの解雇予告を行わずに、従業員を解雇する時に支払うお金という特徴を持っています。
解雇予告を行わない場合、対象の従業員の生活に不安が生じるため、金銭面の保障として支給されるのです。
30日前の解雇予告がなく、急な解雇になった際には、このような手当があることを知っておきましょう。

反対に、従業員に非がなく、やむを得ない事情である場合を除き、急な解雇でも手当が支給されなかった場合は労働基準法違反になります。

解雇予告手当の対象者の特徴

解雇予告手当特徴を知ると、これは正社員のみが対象の内容だと思われてしまいがちです。
しかし、対象となるのは企業に勤めている従業員ですから、正社員に限らず、パートやアルバイト、契約社員も対象になるのです。
雇用形態で適用が左右されることはありませんので、ご安心ください。

とはいえ、雇用期間の条件や支給金額の計算に違いがありますので、適用されるかどうかや、支給額の実態は個別で確認する必要があります。

また、契約期間が満了した雇い止めのケースに関しては、“解雇”に該当しません。
あくまでも解雇は、契約期間中に起こることですから、似ているようで違うケースになるのです。
細かい契約期間中の動きについては、事前に担当者に確認しておくと、トラブルになりにくくなります。

職場を退職する事情は様々ですが、解雇予告なしの場合は手当の支給がされることを覚えておいて損はありません。
自分の身を守る手段の1つになりますから、トラブルに発展しそうな時は弁護士などの専門家に相談することをオススメします。

まとめ

今回は、解雇予告手当特徴についてご説明しました。
30日前までの解雇予告が行われない場合、労働者には解雇予告手当が支給されることになっています。
支給の条件に該当するならば、正社員だけでなく、パートやアルバイト、契約社員も対象になります。
支給に関するトラブルが起こりそうな時は、弁護士を始めとする専門家に相談して、適切な対応をしてもらうようにしましょう。

2022年6月9日

お役立ち情報 関連記事

大学無償化で重要になる保有資産について

アッパーマス層になるためのヒントをご紹介します

医療費控除はどこまで?~親の医療費は対象になるの?~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter