お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

【2022年度版】30代の個人年金保険の選び方

2022年6月5日

 

個人年金保険とは、公的年金等で不足が生じる分を民間の保険会社の商品を通し補っていく私的年金のことを言います。
そこで重要になるのが、保険商品の選び方です。
全く同じではありませんから、自分に合う内容を探さなければなりません。
今回は、30代の方に向けて、個人年金保険の選び方をお話ししましょう。

30代の個人年金保険は将来設計から選ぶ

30代の方が個人年金保険を選ぶ際は、まず自分の将来設計で必要となるお金を確認しておきましょう。
将来設計がない場合は、大まかなイメージで構いません。
将来設計が必要な理由は、保険を通して確保したいお金の金額や、どのタイミングで使用するかを考えるためです。

個人年金保険には、いくつか種類があります。
年金を受け取るまでの期間に対応している、生活費を確保するために年金と一緒に受け取りたい、生活を豊かにするためのお金に向いている内容、受け取り方があります。
それを考えずにとりあえず加入してしまうと、必要な時にお金を受け取れない、金額が不足してしまう可能性があります。

このような事情から保険を選ぶ際は、将来設計を念頭において選ぶことが大切なのです。
これは個人年金保険に限らず、その他の内容の保険商品でも言われることです。
将来設計が難しい場合は、現段階でどのくらい公的年金が受け取れるかを確認することをオススメします。

公的年金の額が分かると、貯蓄や保険で必要な金額が明確になります。

30代の個人年金保険選びでは年金受取率も見るべき

30代の皆さんは、年金を受け取るまでにまだまだ時間があります。
そうなると、どの保険商品でも保険料をしっかりと支払っていれば問題ないと思いがちです。

しかしながら、加入前に年金取得率も確認しておくべきです。
30代だと実感がわきませんが、個人年金保険への加入を考えている方はできるだけ多くの保険金が受け取れるかどうかを重視しています。
保険金が多いほど、将来の生活への不安は少なくなります。

ですので、単に保険料を確認するだけでなく、受け取り時の状況も一緒に見ておくと、より具体的なイメージが持ちやすくなります。
年金受取率は必ず記載されていますので、数値が高い商品を選ぶのも1つのポイントです。

老後資金の不足分を補うために加入する保険ですから、色々と比較しながら検討するようにしましょう。

まとめ

今回は、30代の方に向けて、個人年金保険の選び方についてお話ししました。
まずは、自分の将来設計から老後に不足するお金がどのくらいかを確認しておくことです。
そして、保険料だけでなく、年金受取率の数値を確認し、保険金が多く受け取れるかどうかも大切なポイントになります。
老後の生活を支える制度や商品はたくさんありますから、まだ早いと思わずに老後の準備の1つとして動き始めてみませんか?

2022年6月5日

お役立ち情報 関連記事

マインドフルネスでストレスフリーな貯金を!

コンビニ受診をしていると貯金ができない理由について

配偶者手当の見直しが家計に与える影響を知ろう

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter