お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

【2022年度版】マイホームにおける廊下の必要性について

2022年6月4日

 

マイホームを建築する際、「廊下をどこに設置しようか」「どれくらいの長さ、幅にしようか」と悩む方は多いかと思います。
しかし、そもそも住宅において、廊下は必要なものなのでしょうか?

ここからは、廊下がないマイホームのメリット・デメリットについて解説し、その必要性に迫ってみたいと思います。

廊下がないマイホームのメリットは?

廊下がないマイホームは、その分居住スペースを広めに取ることができます。

例えば、玄関からリビングまで伸びる廊下をなくせば、廊下の分リビングが確実に広くなります。
もちろん、この場合、リビングのみを広くする必要はなく、キッチンや浴室、トイレなど、他の部屋を少しずつ広くして、全体のバランスを調整することも可能です。

また、廊下がないマイホームでは、コミュニケーションも取りやすくなります。

例えば、1階にリビングがあり、2階にそれぞれの家族の部屋があるとしましょう。
この場合、廊下があれば、玄関からリビングを通過せず、そのまま2階に上がれるような間取りにもできます。
しかし、これでは家族のコミュニケーションが希薄になるおそれがあります。

一方、1階に廊下を設けない間取りにすれば、2階に行く際、基本的には一度リビングを通過しなければいけなくなります(玄関の真横に階段を設ける場合を除く)。
こうすることで、家族同士がリビングで顔を合わせる機会が増え、コミュニケーションの場を設けやすくなります。

廊下がないマイホームのデメリットは?

廊下がない場合、プライバシーは確保しにくくなります。

例えば、リビングから直接各居室に通じているような間取りの場合、リビングから室内が見えやすくなってしまいます。
また、廊下がない住宅は、廊下を挟んでいない分、各部屋の音やキッチンで調理をするニオイが漏れやすくなります。

その他、冷暖房効率が悪くなるのもデメリットです。

住宅内に廊下がなければ、その分空間は広くなります。
そのため、広々とした開放感は得られますが、その分冷暖房効率は若干悪くなります。

また、冷暖房効率が悪いということは、しっかり冷暖房を効かすために、普段より温度を下げたり(上げたり)、風速を強くしたりしなければいけないということであり、そうなると光熱費もかかりやすくなります。

まとめ

ここまで、廊下がないマイホームのメリット・デメリットについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?
廊下を削減することによって、広々とした居室が作れますし、家族同士のコミュニケーションも取りやすくなりますが、メリット以上にデメリットが多いため、最低でも玄関からリビングに通じる廊下は作るようにしましょう。

2022年6月4日

お役立ち情報 関連記事

【2022年度版】結婚後に家計簿をつける際のポイント

【2022年度版】マイホームに設置するインターホンの種類

グリーン住宅ポイント制度について解説します

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter