お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

移住ランキング上位「埼玉県」の移住支援制度について

2022年5月6日

 

東京都内に住んでいる人が地方都市へと移住することや、地方都市から別のところへと移住することは、珍しくありません。
しかし、どこに移住してもいいというわけではないでしょう。

埼玉は、移住先として人気があります。
なぜ人気なのか、埼玉の魅力や移住支援制度について紹介します。

結婚を機に移住を検討している方は、是非参考にして下さい。

埼玉の魅力とは?

埼玉は、東京のベッドタウンとして発展してきました。
都内へのアクセスも良好なので、都内から移住するという人に人気があります。
また、他の都市から東京に近い場所へと移住したい方も、埼玉を選ぶことが多いでしょう。

埼玉県の人口は約739万人で、2019年には16万人以上が転入しています。
県内には新幹線が6つ、鉄道が24路線、高速道路が6本通っているため、全国でも屈指の交通の要衝として知られています。

県内には荒川や長瀞、利根川など多くの河川に恵まれています。
東京都に隣接していることとアクセスの良さから、ベッドタウンとして埼玉から東京都内へと通勤している人も多いのも特徴です。

また、都会的な一面もありながら農業も盛んです。
東京で会社員として働きながら、兼業農家を希望する人も埼玉には多く住んでいます。
農業を始めたいという方にも、様々な支援があります。

埼玉の移住支援制度

埼玉に移住する際に受けられる移住支援制度は、いくつかあります。
移住支援金制度は、東京23区内や東京圏の対象地域から埼玉県内の対象地域に移住して中小企業に就職、もしくは起業した場合に単身であれば60万円、2人以上の世帯であれば100万円を支給しています。

また、県内の市町村の中には、住宅取得支援を行っているところもあります。
例えば、本庄市では「本庄市住まいる応援金」として、40歳以下の方が市外から本庄市に転入して初めて住宅を取得した場合、最大43万円を支給するという制度があります。

秩父市とときがわ町には、移住お試し住宅も用意されています。
秩父市は程よく都心から離れたのどかな場所で、ときがわ町水と緑が豊かな里山です。
どちらも、都心からの移住となると生活様式が大きく変化するでしょう。

まずはお試し住宅を利用して、移住に支障がないか確かめてみましょう。
秩父市のお試し住宅は無料で、期間は3~7日間です。
ときがわ町のお試し住宅の施設体験量は7日なら10,000円、1カ月なら30,000円+光熱水費が1日500円加算されますが、タケノコ掘り体験や林業体験、星空観望会など多くの体験メニューが用意されています。

まとめ

魅力あふれる埼玉には、都内からも多くの人が移住を希望しています。
しかし、埼玉県内は都会的な場所とのどかな場所があり、どこに住むのが自分に向いているか悩む人も多いでしょう。
まずは、埼玉県内の様々な場所の魅力を知っておきましょう。

2022年5月6日

お役立ち情報 関連記事

グリーン住宅ポイント制度について解説します

事実婚でも扶養に入れるのか?

移住ランキング上位「長野県」の移住支援制度について

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter