お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

老後も資産運用が大切!~賢く資産を確保するための方法~

2022年4月30日

 

資産運用は、仕事を退職し、老後の生活に入ったら終わりではありません。
なぜなら、老後の生活にも不測の事態が起こる可能性があるからです。
それを回避するために、老後でも資産運用は続けておくべきです。

そこで今回は、老後資産運用と資産を確保し続けるための方法を伝授したいと思います。

老後からの資産運用は複数回の売却を中心に

現役世代は、老後に入った際にこれまで資産運用で確保した資産を一気に受け取るものだと考えていませんか?
確かに、一度で受け取る方もいますが、それは安全な方法ではありません。

資産を一度に受け取っても構いませんが、その場合お金の使い方を計画的に考えて、行動しなければなりません。
そうなると、不足の事態が生じた時に、現状の資産だと間に合わないことがあるのです。
予測不可能な状況を避けるには、一度に資産を受け取らず、複数回に分けて受け取るようにしましょう。

この方法がオススメできる理由は、2つあります。
一つは、売却していない金融商品で資産運用をし続けられることです。
運用が良い状況ならば、再度資産を増やすことが可能です。

もう一つは、売却で損するリスクを少なくできることです。
一度に全ての金融商品を売却しようとすると、中には値下がりしているものもあります。
損失を限りなく小さくするには、金融商品ごとに売却のタイミングを見極めなければなりません。
複数回に分けた売却法だと、そのタイミングを掴みやすいのです。

老後の資産運用のプランは変更しても良い

また、老後資産運用を継続するとなると、今の方法で良いのか、新しい方法に変えるべきか悩んでしまいます。
この悩みに対しては、「資産運用のプランに変更があっても良い」と答えることができます。

例えば、仕事をしていた時はつみたてで投資を行っていた場合でも、定年退職をきっかけにまとまったお金で大きな投資をしてみようと考えるのはアリです。
もちろん、ギャンブル的に行うのは避けるべきです。
しかし、長く資産運用を行うために手法を見直すのは悪いことではありません。

人間も健康的に長生きするために、食生活や運動習慣を見直すことがあります。
それと同じことを、お金でも行うのです。
人生においてお金との付き合いは長いですから、定年退職後の資産運用についても長い付き合いになることを前提に考えていきましょう。

まとめ

老後資産運用と資産を確保し続けるための方法は、誰でも簡単に実践できます。
金融資産を複数回に分けて売却する方法は、値下がりによる損失の回避と資産を増やすチャンスの獲得を両立できます。

一度に売却をしてしまうと、不測の事態に備えられないだけでなく、資産を増やす手段を失ってしまうことになりかねません。
長生きが当たり前になっている時代だからこそ、長くお金と付き合うことも一緒に考えていきましょう。

2022年4月30日

お役立ち情報 関連記事

NISA口座作成時にマイナンバー提出が必要な理由について

【再確認】iDeCo利用者の確定申告の有無について解説します

つみたてNISAの解約時に気をつけることとは?

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter