お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

個人事業主は必見!~郵便のルール変更とお金の話~

2022年2月20日

2021年10月から、郵便配達や料金に関するルールが変更になりました。
このルール変更に慣れるまでに、戸惑われた方もいるでしょう。
ところが、郵便に関するルール変更は、特に個人事業主として働いている方のお金に影響する可能性があるのです。
個人事業主は、新しい郵便ルールのどこに気をつけると良いのでしょうか?

個人事業主が気をつけるべき新しい郵便ルール

個人事業主の皆さんが気をつけるべき新しい郵便ルールは、配達日数の変更になります。
従来のルールでは、配達頻度を週6日以上としていましたが、週5日以上に変更になりました。
土曜日配達が休止になりますので、通常の配達で配達物が届く期間が変更になったのです。

例えば、翌日配達で17時までに配達物の依頼をした際、従来の場合だと金曜日に手続きした物は土曜日に配達されました。
しかし、今回のルール変更により、金曜日に手続きした郵便物は月曜日でないと配達されないことになったのです。

個人事業主に関わらず、仕事をしている時、仕事上の書類の締め切りを守ることは大切です。
このルール変更を知らずに配達物の依頼をしてしまうと、締め切り日に届かない事態が発生する可能性があるのです。
そして、配達日数のルール変更で困ることは、これだけではありません。

個人事業主の経営管理にも新しい郵便ルールが影響する

前述した配達日数のルールは、お金の面にも影響を及ぼします。
配達日数を考慮した際に、通常の配達では締め切りが間に合わないと、“速達”での配達を依頼することがあります。
速達の場合は、通常時よりも配達料金がかかります。

今回の郵便ルール変更では、配達日数と同時に郵便料金の見直しも行われました。
そこで、速達料金の引き下げが行われましたので、従来よりも安く利用できるようになったのです。
しかし、速達を利用する頻度が増えてしまうと、出費が多くなってしまうと思いませんか?

配達日数の変更により、速達の利用頻度が増えてしまうと、郵便関係の費用が従来以上に発生してしまいます。
今後、個人事業主として活躍したいと考える方は、どんどん増えていきます。
郵便関係は、細かい事務作業の一つになりますが、不必要な出費があってはいけません。

お金のやり繰りは細かい部分でも大切ですから、個人事業主としての将来を考えている方は、新しい郵便ルールについて確認しておきましょう。

まとめ

今回は、個人事業主が気をつけるべき新しい郵便ルールについてご紹介しました。
まず、個人事業主が気をつけるべきは、配達日数の変更です。
単に配達物が届く日数が変わるだけでなく、速達利用時の頻度にも関わりますから、確認するようにしましょう。
30代の中には、将来的に個人事業主として働きたいと考えている方もいますので、事前に知っておいて下さい。

2022年2月20日

お役立ち情報 関連記事

湯治は治療になるの?~医療費控除の対象の有無について~

年金の受給開始時の注意点~忘れずに行う手続きとは?

マイナンバーカードの手続きがお得にできる事業が復活!

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter