お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

晩婚・早婚でよかったことをそれぞれ解説!

2022年2月5日

結婚のタイミングは、人それぞれです。
早期に結婚する人もいれば、適齢期といわれる頃を過ぎてからゆっくりと結婚する人もいます。
結婚には晩婚、早婚それぞれに、いいところがあるのですが、それはどのような点でしょうか?
それぞれの良かったことを、解説します。

晩婚でよかったことは?

まずは、晩婚でよかったという意見について解説します。
この場合の晩婚とは、女性が30歳を過ぎてから結婚した場合です。
その場合は、どのような意見があるのでしょうか?

まず、お互いにキャリアを積んだ状態なので、金銭的に余裕をもって結婚できるということです。
住むところの選択肢も広くなり、子どもの教育もしっかりと受けさせることができます。

また、社会人として働いてきた期間が長いため、精神的に成長しています。
そのため、何かあったときも後悔しにくくなります。
お互いに、仕方がない、こんなものと話し合って解決できるのです。

経済的な余裕だけではなく、精神的にも余裕ができるというのがメリットでしょう。
また、夫や子どもに対する考え方にも余裕ができます。
夫婦間でも、ここにストレスを溜めないよう自由な生活をする傾向が見られます。

早婚でよかったことは?

では、早婚でよかったという意見にはどのようなものがあるでしょうか?
早婚は、女性が25歳前後で結婚した場合です。
その意見について、解説します。

まずは、子育てがしやすいという点です。
子どもが走り回るのについていけるのは、まだ20代だからと感じているのです。
また、近くに両親が住んでいると、子どもを預かってもらえるのもメリットです。

金銭的な余裕がなくても住宅ローンを早く組めるため、返済も早期に終わるのがいいという意見もあります。
ゆっくりと返済しつつ、子どもの養育費や老後資金もゆっくりと貯めていくことも可能です。

早婚だと、体力がある状態で子どもと遊べるというのがメリットです。
赤ちゃんのころは走り回らないものの、夜泣きなどで寝不足になりがちです。
それも、若さである程度カバーできるでしょう。

また、住宅ローンの返済が早期に終わるのがいいという人もいます。
今すぐではなく、将来的に老後の貯蓄をするとしても早く返し終わっていたほうがいいでしょう。

まとめ

結婚のタイミングは、晩婚でも早婚でもそれぞれ、それでよかったという意見があります。
どういった結婚生活を送りたいのか、それには早婚と晩婚のどちらがいいのかを考えてみましょう。
そうして、パートナーと話し合って結婚するタイミングを決定しましょう。
どちらの方が自分にあっているかも、考えてみてください。
そうして、自分にとってベストなタイミングで結婚できるように、話し合いましょう。

2022年2月5日

お役立ち情報 関連記事

【2022年度版】結婚後に家計簿をつける際のポイント

【2022年度版】マイホームに設置するインターホンの種類

【2022年度版】マイホームにおける廊下の必要性について

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter