お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

独身時代の貯金の使い道~結婚後何に使っているの?~

2022年1月22日

独身時代の貯金をあえてパートナーに言わないという方は、一定数います。
ところで隠しておいた貯金は、一体何に使われるのでしょうか?
これは中々パートナーに聞きにくいことですから、気になる方もいるはずです。
今回は、結婚後の気になる貯金使い道についてご紹介しましょう。

独身時代の貯金の使い道で多いのは結婚式・子ども関係

独身時代の貯金は、金額に関わらず、結婚や出産といったイベントで使用されることがほとんどです。

結婚式を挙げる場合、約300万円かかると言われています。
この金額を急に用意するのは、誰でも厳しいです。
そのため、独身時代の貯金から出していることが多いのです。
とはいえ、貯金があまりない方もいますから、お互いに無理のない範囲でお金を出し合っていることも事実です。

もう一つ多かった使い道、子ども関連は出産時の費用や子育てにかかる費用、教育費で必要な時に貯金を使っています。
子どもを産む段階からお金がかかりますから、貯金があるに越したことはありません。
出産や子育て関連の補助を出している自治体もありますが、それで全て賄えない場合もあります。
足りない分を独身時代の貯金から賄っていることは、先輩夫婦にとって珍しい話ではありません。

その他にも、マイホームの購入費や頭金に独身時代の貯金を使うということもありますので、複数の使い道があることが分かります。

独身時代の貯金の使い道は基本的に自由

ここで一つ、改めて確認したいことがあります。
独身時代の貯金は、基本的にパートナー個人のものですから、何に使おうと問題ありません。
相手から使い道を強要されることはないのです。

そのため、中にはあえて隠し通したまま、全く使っていないという方もいます。
そのような方も、何かあった時のために確保しておくといった意図がありますから、これも立派な使い道の一つになるのです。

よって、結婚後何に使うのかは、個人の考えによります。
家族のために使ったり、自分のために使ったりして構いません。
時には、パートナーのためにお金を使うこともあるはずです。

自分の貯金使い道は、自分でしっかりと考えておきましょう。
しかし、家計の負担になりすぎる、トラブルの原因となるような使い方はいけません。
最近は、貯金のためにお金を増やす方法を検討されている方がいますから、有意義な使い道を探すのもアリです。

まとめ

今回は、独身時代の貯金使い道についてご紹介しました。
貯金の使い道の多くは、やはり結婚式や子ども関係になります。
どれも高額な出費が求められますから、貯金をフル活用していることは珍しくありません。
また、マイホーム関連で使っている方もいました。
基本的に個人の貯金の使い道は自由ですから、有意義な使い方ができるように、日頃から考えておきましょう。

2022年1月22日

お役立ち情報 関連記事

グリーン住宅ポイント制度について解説します

事実婚でも扶養に入れるのか?

移住ランキング上位「長野県」の移住支援制度について

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter