お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

マイホームにエネファームを導入すると得られる経済的メリット

2022年1月19日

近年、マイホームには家計をお得にする設備が数多く登場しています。
経済的にお得になるだけでなく、生活がしやすくなると、一石二鳥になりますよね。
そこで今回は、マイホームエネファームを導入する経済的メリットについてご紹介しましょう。
マイホームの環境整備に興味のある方は、是非ご覧下さい。

マイホーム設備の一つ、エネファームとは?

マイホームの形態が持ち家、賃貸に関わらず、エネファームに注目されている方が増えています。
エネファームとは、ガスから水素を取り出し、それを酸素と化学反応を起こすことでエネルギーを生み出すシステムになります。
簡単に言うと、ガス発電です。

ガス発電と聞いた際、もしかすると馴染みのない方もいるかもしれません。
今や一般的になっているオール電化は、電力で全ての生活をカバーしています。
そのガスバージョンだと考えてもらうと、分かりやすいでしょう。

また、ガス発電を行うことで生じる排熱を利用してお湯を作り出しますから、所謂家庭用燃料電池に該当します。
オール電化住宅に備えられている“エコキュート”と同じくらい有名な設備になりますので、設置の検討を勧められることがあります。
どちらも省エネ設備の定番ですから、利用の検討を積極的にするべきです。

マイホームにエネファームを導入した際の経済的メリット

マイホームにエネファームを導入すると、光熱費を削減できるメリットが得られます。
生活に必要なエネルギーをガスで補うことになりますから、電気を使用する場面が今までより減るのです。
よって、エネファーム導入後の光熱費を確認すると、電気代が抑えられ、全体の出費が減った事例が多数ありました。

また、メリットは利用時だけではありません。
エネファームは、補助金の対象になりますから購入時の負担を軽減することができるのです。

エネファームを魅力的に感じている方でも、購入額を確認した際に躊躇してしまいがちです。
なぜなら、初期費用だけでも約100万円が必要になるからです。
しかし、補助金制度の対象になることを知ると、少しハードルが下がると思いませんか?

確かに高額な買い物になりますが、省エネや経済的なメリットがあります。
長期的な視点から導入について、考えてみてはいかがでしょう。

まとめ

今回は、マイホームエネファームを導入した際の経済的メリットをご紹介しました。
これはガス発電によってエネルギーを生み出すシステムになり、省エネの視点から注目されています。
そして利用した際の一番のメリットは、光熱費の削減に貢献できることです。
また、購入時は補助金も利用できますので、お高い買い物だと敬遠せずに、将来のお金の負担を軽くできる設備として前向きに導入を考えてみてはいかがでしょうか?

2022年1月19日

お役立ち情報 関連記事

グリーン住宅ポイント制度について解説します

事実婚でも扶養に入れるのか?

移住ランキング上位「長野県」の移住支援制度について

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter