お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

専業主婦(夫)がiDeCoに加入するメリットとは?

2022年1月15日

2017年からiDeCoは、専業主婦(夫)の利用が可能になりました。
その影響から、家庭で話し合い利用を決めた方もいるでしょう。
しかし、専業主婦(夫)の場合、条件を満たしていないと所得控除が利用できないデメリットがあります。
それでも、専業主婦(夫)がiDeCoを利用するべきメリットがあるのです。

専業主婦(夫)が将来働く予定ならiDeCoのメリットが享受できる

専業主婦(夫)を選択された方でも、将来的に働く予定がある場合にはiDeCoの既存のメリットが得られます。
多くの方が知っているiDeCoのメリットは、積立時の掛金が全額所得控除になることです。
これは、会社員や自営業として働いている方だけでなく、パート等で一定額以上の収入を得ている方も対象となります。

このメリットが享受できるのは、加入時点の状況だけではありません。
今後、働きに出る可能性がある方ならば、誰でも恩恵が受けられるのです。
「今は働いていないから所得控除が受けられない」と、iDeCoを候補から外してしまうのはもったいないです。

制度の変更が行われたからこそ、新たな選択が可能になっています。
家族だけでなく、自分のライフプランも踏まえた上で、検討するようにしましょう。

専業主婦(夫)の退職金・年金としてiDeCoは活用できる

また、皆さんもご存知の通り、専業主婦(夫)には退職金がありません。
専業主婦(夫)iDeCoに加入することで、退職金や年金としてお金を受け取ることが可能になります。
さらに、受け取り時にはそれぞれ退職所得控除、公的年金等控除が対象になりますから、課税額を少額にできるメリットがあるのです。

制度の利用を躊躇されている方は、課税に関して敏感になっていることがほとんどです。
ですが、専業主婦(夫)の場合は、公的年金の金額を踏まえたとしても、退職金の存在がありませんから、そこまで課税額が高額になることがありません。
余程裕福な家庭で運用していた場合はともかくとしても、一般家庭の運用状況ならば心配ありません。

夫婦で確保できる資産があることに越したことはありませんが、専業主婦(夫)でもできることがあります。
従来からのメリットだけでなく、新しいメリットにも注目した上で、是非活用してみましょう。
専業主婦(夫)でも、資産運用は可能です。
そのような人たちがお金を生み出さないと思われる時代は、もう終わったのです!

まとめ

今回は、専業主婦(夫)iDeCoを利用するメリットについてご紹介しました。
今は専業主婦(夫)であっても、将来そのままであると限りません。
どこかで働きに出た際には、所得控除のメリットが得られる可能性がありますので、長期的な視点から利用することができます。
また、退職金や年金を確保する際にも、課税額を少なくできるメリットがあるため、利用しない手はありません。

2022年1月15日

お役立ち情報 関連記事

NISA口座作成時にマイナンバー提出が必要な理由について

老後も資産運用が大切!~賢く資産を確保するための方法~

【再確認】iDeCo利用者の確定申告の有無について解説します

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter