お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

初任給が高い職種には何があるの?

2022年1月12日

皆さんが就職する際、初任給の高い職種には何がありましたか?
初任給は、仕事選びでも重要な要素になりますよね。
現在、初任給高い職種には何が挙げられるのでしょうか?
今回は、初任給が高い職種についてお話しします。
子どもや自分の将来を考える上でも、収入のことについて知っておきましょう。

最近の初任給が高い職種とは?

ここでは、厚生労働省で発表された『令和元年賃金構造基本統計調査(初任給)』を参考に、初任給の高い職種について見てみましょう。

報告書内で初任給が高いとされている職種は、大卒の場合だと「学術研究、専門・技術サービス業」になりました。
その次に挙げられる職種は、「情報通信業」でした。
これらの結果は、男女ともに言えることです。

初任給に関する報告書には、高卒の場合も記載されています。
高卒男性の場合だと、初任給が高いのは建設業、卸売業・小売業でした。
高卒女性の場合では、情報通信業、建設業となっています。
男女ともに共通している職種には「建設業」が挙げられ、高卒でも収入的に安心できる職種だと言うことが分かります。

大卒、高卒女性共に情報通信業の初任給が高いことが分かりますので、女性の就職先としてはオススメできるのでないでしょうか?

初任給の高い職種は将来も期待できる?

一般的に、学歴によって初任給が違うことはよく言われます。
しかしながら、学歴以外でも初任給は職種によって違うことが明らかになりました。
これは当たり前のことかもしれませんが、ライフプランを考えていく上で重要なことです。

特に、同世代、同学歴の人と差をつけたいと考えているならば、初任給の高さは見逃せません。
勤続年数や昇給で収入が変動した場合でも、スタートラインである初任給が違うと、差が大きく開いてしまうのです。
子どもに将来のことを考えさせる時は、初任給について教えることも大切です。

今回の情報は、新卒での就職を目指している方だけでなく、転職を検討している方にも役立ちます。
転職も、初任給による差を縮める、収入の可能性を広げるチャンスになりますから、単に収入が上がることだけに注目してはいけません。
その後のお給料の変化についても、調べておくべきです。

実際の仕事内容のマッチングも大切ですが、収入面も一緒に考えて選ぶようにしてみてはいかがでしょう。

参考URL
(https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/19/index.html)

まとめ

初任給の高い職種について、最近の状況を知って頂けましたか?
よく学歴的な収入の差が話題になりますが、職種によっても当然収入の違いがあります。
仕事内容に興味関心がある場合は、初任給の情報も踏まえた上で就職先を選んでみてはいかがでしょう。
お金が全てではありませんが、仕事は生活の基盤になりますので、職場を決める要素として積極的に情報収集してみて下さい。

2022年1月12日

お役立ち情報 関連記事

湯治は治療になるの?~医療費控除の対象の有無について~

年金の受給開始時の注意点~忘れずに行う手続きとは?

マイナンバーカードの手続きがお得にできる事業が復活!

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter