お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

遺品整理サービスの利用にはどのくらいの費用がかかるの?

2022年1月10日

自分の親が亡くなった際、トラブルになるのはお金のことだけではありません。
それは、部屋に残された“遺品”の扱いです。
いざ片付けようと思っても、中々上手くいかないのが現状です。
そのような時に役立つのが遺品整理サービスなのですが、利用時にはどのくらいの費用が必要になるのでしょうか?

遺品整理サービスにかかる費用

遺品整理サービスとは、故人が残した物を整理して、部屋を片付けるサービスになります。
遺品整理を家族で行うこともできますが、想いのある物を捨てられない、片付けることができないという方もいます。
そのような時にサポートしてくれるサービスですから、全ての作業を家族が行わないといけないと思う必要はありません。

遺品整理サービスの利用にかかる費用は、選択するサービスによって変化します。
遺品の供養を行いたい場合は、お坊さんを派遣するか、業者で合同供養するのかによって費用が異なります。
例えば、合同供養の場合は、0円~10,000円が相場になります。

また、遺品の整理と同時に部屋の清掃も行ってもらいたい方もいるはずです。
例えば、ワンルームのハウスクリーニングを依頼する場合は、15,000円~25,000円が費用の相場になります。
部屋の広さや掃除する設備によって金額設定が変わりますから、申込時に細かく確認することをオススメします。

さらに、特殊清掃が必要な場合もあり得ます。
特殊清掃は一般的な清掃作業と異なりますので、費用が割高に設定されています。
様々な費用がかかることを前提においても、この場合は約10万円が必要になることを考えましょう。
特殊清掃が必要な時は、一緒にお金の準備についても家族で相談するようにして下さい。

遺品整理サービスの費用を抑えるポイント

とはいえ、便利だからといって、不要なオプションサービスの申し込みをしてはいけません。
故人の状況に応じて、必要な遺品整理サービスを選択することが、費用を抑えるための近道になります。
業者の多くは、依頼前に見積もりができるようにしていますので、必要なサービスを見極めるために活用してみましょう。
その時に大まかな費用が分かると、お金の準備も困ることがありません。

また、貴重品の買取を行っている業者もありますので、買取が上手くいくと料金を相殺することも可能です。
一般的な相続の話題にはお金のことが取り上げられますが、物の扱いに困る方が多いのも事実です。
家族のみでの対応が厳しい時は、遠慮せずに頼りましょう。

まとめ

今回は、遺品整理サービスの利用にかかる費用についてご紹介しました。
利用時にかかる費用は、依頼するサービスによって変化します。
特殊清掃が必要な場合は、通常の清掃と異なる対応をしますから、どの業者でも料金設定が高めになっています。
本当に利用が必要なサービスなのかどうかは、事前に出される見積もり額から見極めるようにしましょう。

2022年1月10日

お役立ち情報 関連記事

湯治は治療になるの?~医療費控除の対象の有無について~

年金の受給開始時の注意点~忘れずに行う手続きとは?

マイナンバーカードの手続きがお得にできる事業が復活!

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter