お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

これからの住宅ローン控除~令和4年からの確認ポイント~

2022年1月7日

住宅ローン控除の恩恵は、多くの方が受けていました。
しかしながら、控除には期限が設けられており、すでに迎えてしまった内容もあります。
これからの住宅ローン控除制度は、どうなっていくのでしょうか?
今回は、これから住宅ローンを検討する方に向けて、確認ポイントをご紹介します。

住宅ローン控除の内容が変わる?~ポイントは令和4年度税制改正~

これから住宅ローンの利用を考えている方の中には、控除がどのくらい可能なのかを自分でリサーチされていることがあります。
その中で、令和4年度税制改正について触れている話題を見たことはありますか?
令和4年度の改正によって、可能性があります。

この話題は住宅ローンの動向を知る上でも、重要視現在までの住宅ローン減税が変わるすべきポイントになります。

なぜなら、私たちはお得な控除制度を知っていると、家計の負担を軽くすることができるからです。
高額な住宅の購入だからこそ、家計が圧迫されるようなことがないように、利用できる制度は利用すべきです。

ですが、今よりお得になるならば良いのですが、そうならないこともあります。
それを確認するためにも、具体的な内容がどうなるのか、その動向を追っていく必要があります。

令和4年度以降の住宅ローン控除を考えるポイント

住宅ローン控除率が変わるのでないかと、令和4年度の税制改正で議論されていることが、
今回のポイントになります。
現在の控除率は、一律1%です。
それが改正後になると、1%か借入利率の低い方が選択される可能性があります。
分かりやすく言うと、控除率が引き下げになる可能性があるのです。

一般的に控除率が大きいほど、私たちの家計にとってお得になります。
しかし、控除率が低くなってしまうと、家計への負担があまり軽減されません。
そうなると、住宅を購入する際の大きな負担が、そのまま家計にも影響することになるのです。

控除率の議論は、これまでもありました。
ところが、控除率を下げてしまうと、住宅を購入する人が少なくなったり、その影響で住宅・建築業界の利益が得られなくなったりするのでないかとの声があったのです。
住宅は日常生活を送る上で欠かせない存在ですが、あまりにも家計の負担が大きいと、あえて購入しようと考える人が少なくなります。

業界的な視点から見ると、控除制度のお得さにはきちんとした理由があるのです。
これらを理解して上で、これからの報道内容を見るようにしましょう。

参考URL
(https://news.yahoo.co.jp/articles/eb2301bc784f00f94ad3b05df2baf4c572ae172c?page=2)

まとめ

今回は、これから住宅ローンを検討する方に向けて、令和4年からの確認ポイントをご紹介しました。
ポイントとなるのは、令和4年度からの税制改正の話題になります。
この中には、住宅ローンの控除率について検討されていますので、利用時の負担が大きく左右されると言っても過言ではありません。
どのくらいお得になるのか、気になる話題ですから、報道された際は見逃さないようにしましょう。

2022年1月7日

お役立ち情報 関連記事

グリーン住宅ポイント制度について解説します

事実婚でも扶養に入れるのか?

移住ランキング上位「長野県」の移住支援制度について

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter