お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

iDeCoと生命保険は併用した方がお得な理由を解説します

2021年12月1日

将来の生活のためにお金を確保する方法は、今やたくさんあります。
その中でも、iDeCoは代表的な方法になりますが、生命保険と一緒に加入するとよりお得に運用することができるのです。
併用すると、どのようなメリットが得られるのでしょうか?
今回は、iDeCo生命保険を併用すべき理由について解説します。

iDeCoと生命保険は控除対象の仕組みが違う

iDeCo生命保険で支払う保険料は、税制優遇の対象になります。
とはいえ、税金の知識に乏しい方だと、何の税金をお得にしてくれるのか、すぐに思いつきません。
また、控除ができると言っても、2つを合わせるとそこまでお得にならないと考える方もいます。

しかし、iDeCoと生命保険で受けられる控除は別物になりますから、重複せずに節税を行うことができます。
iDeCoの場合は、小規模企業共済等掛金控除の下で所得控除をすることができます。
生命保険の場合は、生命保険料控除がありますので、同じ控除制度になりません。
それぞれ控除の計算を行いますので、併用した方が節税効果を高めることができます。

様々な制度の併用が可能になりますので、検討して欲しい組み合わせの一つになるのです。

iDeCoと生命保険の併用は急なプラン変更に対応できる組み合わせ

iDeCo生命保険を併用した場合、柔軟な対応ができるメリットがあります。
iDeCoは多くの方がご存知の通り、受け取り可能年齢まで引き出せない仕組みになっています。
ライフプランに変更があった場合、その都度見直すことができませんので、不安になる方も珍しくありません。

しかし、生命保険の場合は定期的に見直すことができますし、途中でお金を受け取ることも可能です。
老後資産を確保する方法は複数あっても良いですが、何かしら柔軟に対応できる商品を利用していなければ、いざという時に困ってしまいます。
緊急事態に備えられるという意味では、生命保険が大いに役立つのです。

お金の確保という視点から見ると、両者にはそれぞれメリット、デメリットが存在します。
ですが、組み合わせることでデメリットをメリットに変えることも可能です。
何か1つの方法で資産確保に動いている方は、もう1ステップ踏み出してみませんか?

節税と柔軟性の高さというメリットは、悪いものではありません。
保険のメリットを最大限に活かすことができる組み合わせですから、現在併用商品を検討している方にオススメします。

まとめ

今回は、iDeCo生命保険を併用すべき理由について解説しました。
1つ目のメリットは、控除の項目が別物ですから、併用することで節税効果を高めることができることです。
2つ目のメリットは、緊急時のお金を確保できる柔軟性があることで、制度上引き出せないために困ることはありません。
保険商品のお得さをより高めることができる組み合わせですから、併用商品でお悩みの方は参考にしてみて下さい。

2021年12月1日

お役立ち情報 関連記事

資産運用の動向に影響する?~テーパリングと今後の運用~

専業主婦(夫)がiDeCoに加入するメリットとは?

シャープレシオはどのような指標?~活用の仕方を伝授します!~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter