お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

賃貸管理業者を選ぶならサブリース?それとも賃貸管理代行?

2021年11月28日

不動産投資の一番の悩みは、物件の管理です。
一人で全ての管理業務をこなすのは、中々難しいです。
そんな時に活躍してくれるのが、サブリース賃貸管理代行になります。
ところで、どちらが自分に合っているのか、理解して選んでいる方はいるでしょうか?
業者選びでお困りの方は、本記事をお役立て下さい。

サブリースと賃貸管理代行の特徴~①家賃収入~

2つの業者を比較する場合、多くの方が注目するのは家賃収入です。
サブリースの場合は家賃保証がありますが、賃貸管理代行の場合は入居者の人数分しか家賃が入ってきません。
空室があっても、一定の家賃収入が得られるかどうかが、選ぶ際のポイントになります。

家賃収入の割合は、資産運用にも影響します。
手元に入る収入が多いほど嬉しいですし、入居者へのサービスとして還元することもできます。
家賃収入は物件の魅力を左右する要素になり得ますから、是非検討すべきです。

とはいえ、サブリースの場合は、家賃の10%~20%分の保証料が発生しますので、利益が満額手に入る訳ではありません。
安定性を重視するか、空室があってもほぼ満額の家賃収入を得るか、どちらが皆さんにとって納得のいく運用ができるのかを考えてみましょう。

サブリースと賃貸管理代行の特徴~②マネジメントの範囲~

比較すべきもう一つの特徴は、どこまでマネジメントをお任せするのかにあります。
簡単に言うと、物件の管理業務を全部請け負ってくれるのか、それとも一部分だけなのかということです。
全部請け負ってくれるのは、サブリースになります。

前述した家賃保証の件も含めて、依頼時の費用は割高ですが、その分面倒なマネジメントを全て請け負ってくれますので、忙しい方でも安心して運用することが可能です。
サブリースと違い、賃貸管理代行の場合は、入居者の募集やクレーム対応といった一部業務に留まります。

しかし、全部の業務を請け負わない分、皆さんが運用に携わることができますから、自分のやりやすいような運用を実現できます。
さらに、投資家本人がマネジメントに入ると、業者への依頼料が低コストになりますので、費用面でもお得になります。
よって、管理業務を自分の手でも行いたいと考えている方は、賃貸管理代行に依頼すると行動しやすくなります。

マネジメントをどこまで行いたいのか、現在の仕事やプライベートの時間の使い方を考えた上で選ぶことをオススメします。

まとめ

今回は、物件管理に関係するサブリース賃貸管理代行の特徴を比較しました。
選ぶ際のポイントは、家賃収入とマネジメントの範囲です。
安定的な収入が欲しいのか、裁量のあるマネジメントで自分も管理に携わりたいのかによって、選ぶべき業者が変わります。
物件管理にかけられる時間や資産運用の面を考えて、皆さんのニーズに合った業者を選ぶようにして下さい。

2021年11月28日

お役立ち情報 関連記事

投資の説明で登場する用語“ラップ口座”を解説します

金融相場と業績相場の特徴と違いについて知ろう

金投資のデメリット~2つのオススメできない理由~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter