お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

ライフイベントに関係する国民年金の種別変更についておさらいしよう

2021年11月27日

ライフイベントが発生した際、日常生活が大きく変わることがあります。
その最たる例が、仕事です。
今の仕事を続けるのか、転職するのか、それとも退職するのか、選択に迫られます。
それと同時に、変化が合った時は国民年金種別変更をしなければなりません。
これは、どのような手続きなのでしょうか?

国民年金の種別変更の“種別”とは?

国民年金種別変更とは、用語そのままの意味で「種別を変更すること」を示します。
ところで、種別という言葉は日常生活で馴染みがありません。
何を表している言葉なのかと言うと、被保険者の職種や立場になります。

制度上、種別は3種類設けられています。
・第一号被保険者…自営業の人や学生、無職の人等
・第二号被保険者…公務員や会社員の人
・第三号被保険者…第二号被保険者に扶養されている配偶者

仕事の有無だけでなく、職種によって分類されている特徴があります。
皆さんがどの種別に該当するのか、すぐに分かるはずです。
これは、年金制度の土台となる、基本の知識に該当する内容になりますから、今後のためにも覚えておきましょう。

国民年金の種別変更が重要な理由

ライフイベントの発生に関わらず、国民年金種別変更があった場合は、勤務先や自治体で変更手続きをしなければなりません。
これを行わないと、短期間でも年金の未納期間が発生してしまう可能性があるのです。
未納期間が発生してしまうと、将来の年金受給額に影響が出てしまいますから、できるだけ早く納めなければなりません。

そして、問題はここからです。
状況によって、勤務先に伝えるだけで手続きが済む場合もあれば、自治体で手続きをしてもらう必要がある場合に分かれるのです。
ですので、手続きの仕方について、事前に確認した上で行うようにして下さい。

これは頻繁に行う手続きではありませんから、混乱してしまう方が多いのです。
さらに配偶者の場合は、自分が手続きするのか、パートナーに行ってもらうのか、きちんと調べなければ、手続きに戸惑ってしまいます。

ライフイベントは、急に発生することもあります。
その時は、何の手続きから始めるか、リストアップしてから必要な場所へ行くようにしましょう。
特に自治体で行う手続きは、1回訪問した際にできる内容をこなした方が後々楽になりますから、気になる方は事前に連絡して確認するようにして下さい。

まとめ

国民年金種別変更は、被保険者の種別を変更する手続きになります。
ライフイベントの発生による環境の変化が生じた場合には、手続きすることが多いですから、忘れないようにして下さい。
忘れてしまうと、年金の未納や受給額に影響が出てしまいます。
中には手続きが分かりにくい種別の方もいますので、事前に自治体等に確認して、手続き先を確認した上で行いましょう。

2021年11月27日

お役立ち情報 関連記事

グリーン住宅ポイント制度について解説します

湯治は治療になるの?~医療費控除の対象の有無について~

年金の受給開始時の注意点~忘れずに行う手続きとは?

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter