お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

妊娠中に準備するマタニティウェアの費用はどのくらい?

2021年11月21日

妊娠すると、出産に向けて準備すべき物がたくさんあります。
その中にマタニティウェアがあるのですが、今や種類が豊富で迷ってしまう方もいるでしょう。
ですが、最低限の物を用意する場合、どのくらい費用がかかるのでしょうか?
マタニティウェア費用の実態について、早速見てみましょう。

マタニティウェアの費用総額の目安

マタニティウェアの準備費用は、最低でも1万6,000円程度かかります。
出産に近づくにつれて、体にも目に見える変化が起きます。
その変化に、今までの服装では対応できません。
よって、安い商品であっても、最低限の枚数を揃えるとなると、1万円~2万円程度必要になると考えましょう。

そして、必要となるグッズは以下の通りです。

・マタニティショーツ
・マタニティブラ
・産褥ショーツ
・妊娠帯
・マタニティパジャマ
・マタニティウェア(上下)

マタニティウェアの場合は、専用の服だけでなく、通常の洋服の大きめのサイズを着ている方もいます。
また、妊娠・出産の季節によって必要な服やグッズも変わりますので、病院等で確認しておくと良いです。
さらに、これらのグッズは低価格の商品もあれば、ブランド商品もありますので、個人差があることを覚えておいて下さい。

マタニティウェアの費用の準備を忘れないようにしよう

先程は、マタニティウェアで最低限かかる費用をご紹介しましたが、専用のインナー等を購入するとなると、少し値が張ることになります。
その結果、全部で5万円近くかかったという方も珍しくありません。
体形の変化に合わせるならば、マタニティ専用の商品を購入した方が安心です。

となると、結構な費用がかかることが分かったはずです。
妊娠中は、生まれてくる子どものためのグッズや健診費用等、お金がとにかくかかります。
出産後も、慣れない生活をするにあたり、いつもより出費が多くなることもあります。
よって、妊婦さん自身にかかるお金も忘れないようにしなければなりません。

無事に出産を終え、子育てをしていくためには、マタニティウェアの存在が必須です。
快適な生活を送るためにも、自分の体に合った商品を選ぶようにして下さい。
品質の良い商品を購入したいと考えている方は、気が早いかもしれませんが、貯金でその資金を確保するようにしましょう。

まとめ

今回は、マタニティウェア費用の実態についてご紹介しました。
安い商品であっても、全てのグッズを揃えると最低でも1万6,000円程度はかかります。
とはいえ、マタニティウェアの質はブランドや質に左右されますから、自分の体に合った商品を選ぶようにしましょう。
短い期間お世話になるマタニティウェアですが、妊娠中はそれにかかる費用も忘れないようにして下さい。

2021年11月21日

お役立ち情報 関連記事

独身時代の貯金の使い道~結婚後何に使っているの?~

マイホームにエネファームを導入すると得られる経済的メリット

どこまで共有財産になる?~結婚前の貯金は誰のもの?~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter