お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

高齢FIREを実現する際に注意するべきこと

2021年10月21日

FIREについて興味があるのは、若い世代だけではありません。
定年を控えている高齢世代にも、注目されているワードなのです。
しかし、高齢世代がFIREを実現するには、若い世代と同じように行動してはいけません。
高齢FIREを実現するためには、どのような点に注意すると良いのでしょうか?

高齢FIREは“やり直し”ができないことに注意

高齢FIREに向けて行動する際には、失敗の立て直しが難しいことに注意するようにしましょう。
若い世代がFIREに向けて行動した場合、数年、数十年先を見据えて投資商品の運用を行います。
運用している途中、失敗することもあり得ます。

ですが、若い世代の運用中の失敗は、時間をかけて取り戻すことが可能です。
ゴールまでの時間がたっぷりありますから、やり直しがしやすいのです。
しかし、高齢FIREの場合は、リタイアに向けて運用できる時間が限られていますから、少しの失敗でも致命傷になってしまう恐れがあります。

失敗を挽回できると思っていても、間に合わない可能性があるのです。
これは、高齢になってから行動し始めることの最大のデメリットになります。
FIRE自体はいつでも始めることができますが、目標のリタイア年齢から考えた時に運用時間に差が出てしまうのは仕方がありません。

このような事情を踏まえた上で、可能な限り失敗が少ない、仮に失敗してもすぐに挽回できるような商品の運用を検討してみてはいかがでしょう。
働いて運用をやり直すことが難しい世代だからこそ、判断する際の参考にしてみて下さい。

高齢FIREで老後資金を崩し過ぎないように注意

高齢FIREを実現しようとしている方の中には、ある程度の老後資金を確保できていることがあります。
今ある資金を「少しでも増やせたらいいな」と考えて、挑戦する方も珍しくありません。
実は、この点も高齢FIRE注意しなければなりません。

良かれと思って老後資金をつぎ込んでしまい、手元に残るお金が少なくなったという事例があるのです。
このような状態になってしまうと、FIREのために行動した意味がありません。
むしろ、老後の不安をより煽ってしまうことになるのです。

資産の取り崩しを防ぐためには、投資商品の理解が大切です。
担当者にオススメされたからやってみたというのは、理解が不足している証拠です。
実際に運用するにしても、自分でメリット・デメリットを理解した上で行わなければ失敗リスクを高めてしまいます。
今確保している資金を、確実に守る意識を持つようにしましょう。

まとめ

今回は、高齢FIREを実現するために注意すべきことをお話ししました。
高齢FIREは、若い世代が運用する場合とは異なり、運用期間が短いことから失敗を取り戻すことが難しいです。
また、現在までに確保している資金を大幅に取り崩してしまう可能性もあるため、安易にお金をつぎ込んではいけません。

2021年10月21日

お役立ち情報 関連記事

iDeCoと生命保険は併用した方がお得な理由を解説します

iDeCoの年金資産を受け取る際の注意点について

資産形成初心者の悩みが解消できる“おまかせNISA”とは?

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter