お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

家庭科で資産形成を学ぶ時代に~大人も変わる必要がある~

2021年10月14日

昔と比べると、資産形成について話をする機会が増えています。
そして、2022年度からは、高校の家庭科の授業で資産形成が取り上げられることになりました。
子どもの教育が変わっている今、大人はどう勉強すると良いのでしょうか?
資産形成の勉強の仕方が分からないとお悩みの方は、必見です。

家庭科で資産形成の何を学ぶのか?

高校生が家庭科の授業で資産形成を学ぶといっても、大人の方々にはあまりピンときません。
具体的に学習が予定されている内容を挙げると、預貯金だけでなく、保険や株式、投資信託といった実践をするために必要な知識になります。
貯金に関する知識は、学校で学ばずとも、家庭で教えられていることが多いです。

ですが、株式や投資信託は、実際に行動をしなければそもそも知識を得ることができません。
行動するかどうかは別としても、証券会社等の窓口に行かなくても、教えてもらうことができるようになるのです。
現在資産形成をされている方の中には、自分で必要な内容を調べ、勉強をしていたという人も少なくありません。
しかし、独学では限界があるのも事実です。

それを学校で学ぶことができるのは、子どもの将来にとっても喜ばしいことなのです。
一足先に子どもの方がお金について詳しくなりますので、焦ってしまう大人も多くなります。

家庭科で始まる資産形成の勉強~大人はどこで学べば良い?~

これからの子どもたちは、家庭科資産形成を学ぶ機会があります。
しかし、大人は勉強の場が与えられる訳ではありませんから、自分で探さなければなりません。
ここでは、株式会社HONEYTHINGで行われた『お金の教育についてのアンケート』に回答した親世代の教育経験を取り上げましょう。

資産形成をすでに始められた方の中には、保険会社や証券会社等の窓口で学んだという回答がありました。
また、大学時代に経済関係の勉強をしていたという方もいます。
さらに、自分でファイナンシャルプランナーが講師をしている講演会等に出向き、勉強したという回答もありました。

お金のことについて学べる場所は色々ありますから、教えてもらう場がないと諦めてはいけません。
実際に契約せずに、説明を聞くだけでも問題ありません。

高校の家庭科での学習が始めることで、益々お金の知識を持っていることが常識になってきます。
近年は、資産形成について学べる場が増えていますから、子どもに負けないように勉強する機会を設けてみてはいかがでしょうか?

参考URL(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000059286.html)

まとめ

高校の家庭科資産形成を学ぶことで、子どもたちはお金の知識を身につけられます。
しかし、知識が大切なのは子どもだけでなく、大人も同様です。
大人の場合は、色々な場所で必要な知識をプロから詳しく教えてもらえますから、今から学んでも遅くありません。
学校教育に資産形成が組み込まれた以上、大人も学習する必要がある項目であることを再認識しましょう。

2021年10月14日

お役立ち情報 関連記事

iDeCoと生命保険は併用した方がお得な理由を解説します

iDeCoの年金資産を受け取る際の注意点について

資産形成初心者の悩みが解消できる“おまかせNISA”とは?

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter