お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

新NISAになってもやめないで!~継続すべき理由とは?~

2021年7月25日

2024年から、NISAの仕組みが変わります。
変更があるといっても、お得な制度であることに変わりありません。
しかし、制度変更で使いづらくなったと感じている人もいるでしょう。
その結果、やめてしまうのは非常にもったいないです。
今回は、新NISAに切り替わっても継続すべき理由を解説しましょう。

新NISAになっても継続すべき理由~①非課税投資枠の存在~

新NISAの説明を読んだ際に、今までより複雑になったと感じる人が多いです。
非課税投資を始める際、自分でも利用できそうだ、説明が分かりやすいから選んだという人がいるはずです。
そのような人たちからすると、新NISAの分かりにくいシステムを扱う自信がないと考えてしまい、継続しない判断をしてしまうのです。

ですが、現行NISAも新しい内容のNISAも、非課税投資枠があることに変わりありません。
システムに変更があったとしても、利用すると必ずメリットがあるのです。
それをシステム変更の影響でやめるというのは、非課税投資枠の恩恵を享受しないことを意味します。

そうなると、税金面の負担が変わってくることは確実です。
確かに、変更されたシステムを利用することでメリットがあるかを考えることは大切です。
しかし、NISAの魅力である非課税システムを放棄することは、今後の資産運用の大きなダメージになってしまいます。

新NISAになっても継続すべき理由~②使い方次第で今まで通りの運用が可能~

他方で、新NISA継続しないと考えている人の中には、今まで通りの自由な投資ができなくなることを懸念しています。
従来のNISAでは、株式を始めとした幅広い投資に挑戦できました。
しかし新システムになると、つみたてNISAのような積立投資を行う枠が設けられます。

積立投資の枠では、自由な投資が行えず、長期投資向けの安定した商品しか選べません。
自由な裁量で運用をしたいと考えている人ほど、新システムは行動制限があるように感じるのです。

ですが、この問題は使い方次第でクリアできる可能性があります。
それを知らないまま、自由度が低くなったからやめてしまうのはどうでしょう。
新システムの内容をよく知り、可能な運用方法を探し出せるならば、やめる必要はありませんよね。

以上のように、2つの理由で継続を検討しているならば、絶対にやめるべきではありません!
些細なことでお得な制度を手放してしまうことだけは、避けて下さい。

まとめ

今回は、新NISAに切り替わっても継続すべき理由について解説しました。
現行制度と比べた時に、使い勝手が悪いと感じてしまう人は少なくありません。
ですが、使い勝手の問題に関しては、運用状況や他の方法で解消できる可能性がありますので、簡単にやめる判断をしてはいけません。
また、非課税投資枠の存在を考えると、継続した方が資産形成にとってお得ですから、継続を迷っている人はもう一度検討してみて下さい。

2021年7月25日

お役立ち情報 関連記事

資産運用中に株式併合があった場合、資産に影響は出る?

iDeCoの理解を深めよう~指定運用方法について解説します~

日本の資産運用では何故ヘッジファンドが浸透しないのか

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter