お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

別居している場合の遺族年金の対応を解説します

2021年7月24日

皆さんの中に「遺族年金は同居していないと受給できない」と、思っている人もいるでしょう。
実は、別居していても遺族年金は受給可能なのです。
「同居していないから請求できない…」と、落ち込むことはありません。
今回は、受給できる理由と近年増えている別居事例について解説しましょう。

別居していても遺族年金の対象になる場合とは?

遺族年金の対象の判断は、亡くなった人に生計を維持してもらっているかどうかにあります。
単純に、同居しており亡くなった側が世帯の生計を維持している場合は、問題なく受け取れます。
ですが、何らかの事情で別居していた場合は、判断が難しくなります。

結論から言うと、別居していても生計を維持している関係性がある場合は、遺族年金の受け取りの対象になります。
例えば、毎月生活費が振り込まれているような形で、亡くなった人の収入で生活している事実があれば認められることが多いです。
しかし、全ての事例で認められるとは限りません。

生計維持の関係性には、やはり同居していることが前提にあります。
そのため別居と言っても、定期的に自宅に帰ってきている、単身赴任のように必ず戻ってくるような事実がある場合は、対象として認められやすいでしょう。

別居の例外事例~DV被害がある場合は遺族年金の対象になりやすい~

他方で、仕事の事情で別居している家庭ばかりではありません。
DV被害のように、同居することが困難な場合もあります。
このような事情での別居は、遺族年金の対応が少し変わってきます。

DV被害のような場合は、やむを得ない事情で別居を選択していることがほとんどです。
対象者の条件が緩和される事情になりますので、まずは対象か否かを確認してみて下さい。
その際に、DV被害に遭っていた客観的な証拠が求められますが、条件に当てはまらない場合でも対象になることがあります。

さらに、この事例は現在進行している内容だけではありません。
過去に被害に遭った人で、受け取り対象にならなかった人でも、その権利が認められている事例があるのです。
これは助かるという人も多いでしょう。

別居には、家庭によって複雑な事情を抱えている場合があります。
単純に受け取れるかどうかだけでは、判断が難しいこともありますから、自己判断で終わらせてはいけません。
そこで大切なのは、年金事務所等の専門機関を通してきちんと判断してもらうべきです。
生活に関わる内容ですから、遠慮せずに確認するようにしましょう。

まとめ

今回は、別居している場合の遺族年金の対応について解説しました。
別居していても、生計維持の関係性があると判断された場合には、遺族年金の対象になります。
また、DV被害のようなやむを得ない事情の別居でも、対象者となる事例がありますので別居の事実だけで判断すべきではありません。
一言で別居といっても、家庭によって様々な事情がありますから、年金事務所に相談して確認することをお勧めします。

2021年7月24日

お役立ち情報 関連記事

健康診断で賃金が発生するのはどんな時?

2022年に年金手帳が廃止~これからの管理はどうなる?~

子どもがいる皆様へ~ライフプランはキャリアプランも含めて考えよう~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter