お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

リースバックでマンション売却~気になるメリットを解説~

2021年7月21日

一般的にリースバックは、戸建ての住まいが対象だと思われています。
しかし住まいには、戸建てだけでなくマンションもありますよね。
実はマンションでも、リースバックが実現できるのです。
そこで今回は、リースバックマンションを売却することのメリットを解説しましょう。

リースバックでマンションを売却するメリット

リースバックマンションを売却すると、通常の売却と違い、3つのメリットが生まれます。

・急な引っ越しをする必要がなくなる
・住まいの買い替えがスムーズにできる
・税金の支払いや管理費の支払いが無くなり、負担が減る

マンションならではの大きなメリットは、税金等の支払い負担が減ることです。
マンション自体の所有は買い手になりますから、住んでいる人に直接請求される項目が少なくなります。
例えば、固定資産税や毎月の管理費の負担が軽減されます。
これだけでも家計の負担が変わりますから、生活にも違いが出てきます。

また、リースバックを利用したとしても、近所の人に知られることはありません。
近所の人からすると、マンションの所有者が変わったことは、話す機会がなければ分かりません。
形態が変わっても、普段通りの生活に変わりありませんから、環境の変化におけるストレスを受けないのです。

以上のメリットは、戸建てでも得られます。
基本的な仕組みや流れは、他の不動産と同じですから理解しやすいでしょう。

リースバックの注意点~マンションならではの事情から~

しかし、リースバックマンションを売却する場合、必ず売買できるとは言えません。
実は、マンションの物件価値が低かったり、業者の担当エリア外だったりすると、取り扱いができないのです。
そのため、どのマンションでも無条件で扱ってくれると思わないようにしましょう。

ここで皆さんができることは、マンションを複数のリースバック業者に査定してもらうことです。
複数の業者に見てもらうことで、売買が可能であるかどうかを判断できます。
また、より良い条件で取引できる場合もありますので、1つの業者に拘らないことをお勧めします。

マンションは、戸建てと違い、土地付きの物件ではありません。
そのため、資産価値の判断がしにくい事情を抱えている物件になります。
とはいえ、売却に対応している業者があることは事実ですから、リースバックが利用できない訳ではありません。
マンション特有の事情を踏まえた上で、売却判断や業者を選ぶようにして下さい。

まとめ

今回は、リースバックマンションを売却するメリットを解説しました。
リースバックで売却すると、税金等の費用の負担を軽減しつつ、いつも通りの生活を送ることができるメリットがあります。
しかし、対象のマンションの資産価値や業者の対応範囲の事情から、取り扱いができない場合もあります。
無事に売却先を見つけるためには、複数の業者に査定してもらうと良いでしょう。

2021年7月21日

お役立ち情報 関連記事

これは使う人を選ぶサービス~WEBご祝儀のデメリットを解説~

コロナ禍でのリフォーム~利用できる減税制度をおさらい~

結婚指輪の支払い方法~カードやローンを利用する際の注意点~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter