お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

親世代へのアドバイスに~厚生年金の長期加入者特例を解説します~

2021年6月27日

厚生年金で得られるメリットは、生活できる程度の年金が確保できることにあります。
しかし、人によってはもう一つメリットがあるのです。
それは、長期加入者特例と呼ばれる制度。
この制度の対象になると、よりお得に厚生年金の受給ができます。
厚生年金長期加入者特例は、どのような内容なのでしょうか?

厚生年金の長期加入者特例とは?

厚生年金長期加入者特例とは、名称の通り、一定期間加入していることで適用される制度になります。
具体的には、年金の受け取り時に長く加入していた分、金額が上乗せされるのです。
昨今の状況だと、年金制度は頼りないというイメージが強いでしょうが、加入期間が44年以上であること、特別支給の老齢厚生年金の対象となること等の条件を満たしているならば適用されるのです。
このような嬉しい話題は、若い世代だと聞き慣れないかもしれません。
基本的には、若い世代よりも世代が上の人たちが対象になりますが、知っておくと親世代へのアドバイスに役立てることができるのです。

個人のライフプランだけでなく、家族のライフプランを考えることも大切な時があります。
その時に、お金のお得な話を知っていると、親に対してベストなサポートができるようになります。
年金の知識は、複雑な内容が多いですから、色々な情報を知っておくと様々な場面でみなさんを助けてくれます。

厚生年金の長期加入者特例の知識を親世代のライフプランに活かそう

厚生年金長期加入者特例は、親世代がいつ年金の受給を開始するのか、それが判断ポイントとなります。
近年の傾向として、世代を問わず長く働くことが求められています。
しかし、事情があって働かない選択をした場合、老後の生活資金が十分だと言い切れない場合もあります。

その時に、厚生年金の加入期間が44年以上である場合は、少し金額面にゆとりがある形で受け取りができるのです。
もちろん、何らかの形で働き続けた方が家計的に良い場合もありますが、そうでないケースも少なくありません。

長く働かず、ある程度の所で落ち着きたいと考えている親世代がいるならば、情報提供してみてはいかがでしょうか?
注意すべきは、この制度は60歳~64歳までの人が対象になりますので、年齢が迫っている人ほど考える時間が少ないことです。
今回、記事を読んで該当しそうな親世代がいる人は、しっかりと覚えておきましょう。

まとめ

今回は、厚生年金長期加入者特例について解説しました。
これは、加入期間と対象者の条件を満たしていれば、受給額を増やすことができる制度です。
特に、早期リタイヤを検討している親世代の収入アップに繋げられる可能性がありますから、知らないと選択肢を狭めてしまいます。
年金関連には自分だけでなく、親世代のライフプランにお得な情報もありますから、情報をチェックしておいて損はありません。

2021年6月27日

お役立ち情報 関連記事

健康診断で賃金が発生するのはどんな時?

2022年に年金手帳が廃止~これからの管理はどうなる?~

子どもがいる皆様へ~ライフプランはキャリアプランも含めて考えよう~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter