お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

突然の子どもの病気をサポートする助成制度をご紹介します!

2021年6月26日

子どもは、大人よりも様々な病気に罹りやすいものです。
また、些細な病気がきっかけで大きな病気に発展することも少なくありません。
そこで急な出費も重なると、より一層、不安になるはずです。
今回は、いつ罹るか分からない子どもの病気について、家計の支えとなる助成制度をご紹介しましょう。

子どもと家計をサポートしてくれる2つの助成制度

子どもの病気だけでなく、家計のサポートにも繋がる助成制度はいくつかあります。
今回の記事では、その一部である2つの制度をご紹介しましょう。

・乳幼児医療費助成制度・子ども医療費助成制度
これは、主に中学生までの子どもを対象に、かかった医療費の一部をサポートしてくれる制度になります。
各自治体で手続きをすれば利用できるのですが、利用には所得制限等の条件がありますので、全ての家庭が対象になりません。

助成制度を利用する場合は、各自治体の窓口に問い合わせをし、条件を確認してから手続きすることをお勧めします。
また、助成制度の対象になった場合でも、医療費の項目内容によっては適用外になる内容もあります。
そのため、適用項目の確認をしておきましょう。

・未熟児の養育医療
これは、生まれたばかりの0歳の乳児に対して、入院する必要がある場合に認められる制度です。
助成制度の対象となる未熟児は、医療のサポートがなければ養育が難しいことがほとんどです。
自己負担額を助成してくれますから、安心して医療サポートを受けられるでしょう。

対象となる乳児の条件や、世帯によっては一部自己負担が発生する場合もあります。
多くの場合、出産後に治療等のことを考えなければならないのは大変ですが、パートナーと協力して手続等の対応をしていきましょう。

子どもの助成制度を活用して治療に専念

子どもの病気へのサポートは、各自治体でも独自の助成制度を設けています。
そのため、困った時の親御さんをサポートしてくれる、心強い存在になります。
条件によっては、一部負担が発生する場合もありますが、全額負担と比べると家計にそこまで響きません。

しかし、大きな病気で治療が長引くような時だと、ベッド代や食事代は適用対象外になることがほとんどです。
治療方針を確認しながら、利用できる制度を活用して、まずは子どもの治療に専念する環境を整えましょう。

まとめ

子どもの病気を対象とした助成制度には、様々な種類がありサポートが充実しています。
多くの自治体では、全国共通の内容だけでなく、独自のサポートを用意している場合もありますので、目的にあった内容を選んで下さい。
利用できると、高額になりやすい医療費の負担を軽減できますから、家計への心配・不安を小さくすることができます。
しかし、助成制度の対象外になる項目もありますから、よく確認しておきましょう。

2021年6月26日

お役立ち情報 関連記事

健康診断で賃金が発生するのはどんな時?

2022年に年金手帳が廃止~これからの管理はどうなる?~

子どもがいる皆様へ~ライフプランはキャリアプランも含めて考えよう~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter