お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

結婚したら考えたい年金のこと~手続きと将来への備え~

2018年9月22日

結婚を機に、年金について考えるという人も多いのではないでしょうか。
女性の場合、結婚後の年金の手続きや、配偶者の扶養に入った方がいいのかなど、わからないことも多いと思います。
また、老後の生活資金についても考える必要がありますよね
今回は、将来への備えのヒントをいくつかご紹介しましょう。

結婚後の年金手続き

自分が会社員で、厚生年金に加入しており、結婚によって苗字が変わるという場合には、会社に年金手帳と被保険者氏名変更届を提出する必要があります。

国民年金に加入していて、苗字が変わるという場合も、同様の書類を持って役場に行き、国民年金担当課で手続きを行いましょう。

結婚後に配偶者の扶養に入るという時は、配偶者の勤務する会社に国民年金第3号被保険者該当届を提出して下さい。
扶養になると、保険料が免除されるにもかかわらず、配偶者が納める厚生年金保険料は上がりません。

ただし、年収が130万円以上になると扶養から外れてしまいますので、注意しましょう。

また、配偶者が自営業の場合は、国民年金になりますので、扶養に入ることが出来ません。

この場合は夫婦同額の国民年金保険料を納める必要がありますので、役場で手続きを行いましょう。

将来へ備えるためには

結婚しても老後は公的年金だけで生活していけるのか不安だという人は、二人の老後と年金について考えてみましょう。

まずは、個人年金保険を検討してみてはいかがでしょうか。
個人年金保険は、リスクが低く、貯金よりも利率がいいので、確実に老後資金を貯める事が出来ます。
また、税金の控除も受ける事が出来るので、確定申告時には忘れずに申告しましょう。
ただし、途中で解約すると、解約返戻金が少なくなりますので注意が必要です。

多少リスクがあっても、大きく増やしたいという人は、投資信託を検討してみましょう。
投資信託は少額から投資でき、プロが分散投資をしてくれるので、株式投資よりもリスクが低く、初心者にもおすすめです。
しかしあくまでも投資なので、元本保証はありません。
また、手数料が発生する事もありますので、きちんと理解した上で利用しましょう。

ある程度の知識がある人ならば、iDeCoがおすすめです。
iDeCoとは個人型確定拠出年金の事で、税金面で非常に優遇されています。
ただし、手数料がかかり、60歳までは中途解約できません。
メリットとデメリットを踏まえた上で、判断して下さいね。

まとめ

結婚は、老後や年金について考える良い機会です。
今後の生活について、夫婦できちんと話し合っておきましょう。
個人年金や投資信託、iDeCoなどは、時間を味方につける事で、より多くの資産を蓄える事ができます。
老後資金のための資産形成に早すぎるという事はありません。
気になる方は、今すぐ準備を始めてみてはいかがでしょうか。

お金の勉強会.com

運営・管理会社
株式会社エストマーケティング
TEL 0120-910-491
〒105-0014
東京都港区芝3丁目15-15 櫻井ビル7階

2018年9月22日