お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

これから不動産投資を始める人は注意!~コロナの影響と融資状況~

2021年1月12日

先行きが不安定な状況だからこそ、少しでも収入を確保したいと思っている人はいませんか?
副収入として、不動産投資は魅力的な手法になります。
それには高額な資金が必要となるため、コロナの状況だからこそ、融資の力は借りたいですよね。
しかし今、不動産投資専用ローンにコロナの影響が出ているのです。
なぜでしょうか?

不動産投資におけるコロナの影響

不動産投資では、高額な物件の購入をするために専用のローンの利用は必須です。
しかし、コロナの影響で、金融機関は対応に追われていますよね。
その結果、通常業務の一つである不動産投資の融資が厳しい状況にあるのです。
その理由は、簡単です。

一つは、コロナ関連の業務の対応に追われてしまい、単純に他の業務にかける時間が満足に取れないことが関係しているでしょう。
これには、状況に理解を示せる人もいますよね。
もう一つの理由として、感染予防を徹底した業務を行っている結果、融資業務にまで人員を配置できない状態になっていることも挙げられます。
三密にならないように業務に気を配っていると、出社制限等もやむを得ません。

その上で緊急性の高い業務が入ってくると、職員もパンクしてしまうことが分かるでしょう。
申請自体が全くできないという訳ではありませんが、このような状況では以前のように迅速な対応を求めるのは厳しいですよね。
そのため、不動産投資を考えている人は、コロナ対策で業務していることを踏まえて、多少時間がかかることは認識しておいて下さい。

これから不動産投資を始める人に対してコロナの影響はあるのか?

現在、不動産投資を始める場合でも、融資条件にコロナの影響はありません。
しかし、今後の経済状況によっては、従来よりも融資条件が厳しくなるのでないかと懸念されています。
基本的に融資を受ける場合は、収入等の条件をクリアしなければいけません。

ですが、条件をクリアさえできれば、比較的始めやすい状況ではあったのです。
しかし、今後は収入等だけでなく、実際に運用をした時に将来性の高い物件という視点が重視される可能性があります。
そうなると、物件選びも慎重になりますし、人によってはハードルが高く感じてしまうでしょう。
従って、これから始めようと考えている人は、物件選びの判断がより慎重であることが求められると考えて下さい。

まとめ

不動産投資は人気の手法ではありますが、コロナの影響を受けています。
特に、金融機関から融資を受ける際には、今まで以上に厳しくチェックされる可能性がありますから、確実性の高い物件を選ぶ必要があります。
このことは金融機関の側から考えると、返済できる確実性が高いことの証明になるでしょう。
経済状態が落ち込んでいる時だからこそ、融資だけでなく、投資においても慎重な姿勢を大切にしたいですね。

2021年1月12日

お役立ち情報 関連記事

株主優待狙いの人は必見!~損失をカバーできる「つなぎ売り」に注目!~

良いとこ取りの手法?~ブレンド投資の基本知識を解説します~

東京証券取引所でのトラブル~取引停止中でも取引できる方法とは?~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter