お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

不動産投資の思わぬ効果?~生命保険の代わりになるのか?~

2020年11月22日

不動産投資を始めることのメリットは、収益面だけではありません。
実は、生命保険の代わりにもなるのです。
一見すると、保険と投資は別物に見えますよね。
ここでは、不動産投資生命保険代わりになる理由をお話ししましょう。

不動産投資が生命保険の代わりになるワケ~①団信の存在~

不動産投資を行う時、金融機関で専用のローンを組むことになりますよね。
その際に、団体信用生命保険(団信)に加入することになります。
この保険は、ローンの借主が死亡した場合、その保険金でローンの返済を行うことができるのです。
その結果、投資用物件は所有したまま、ローンの返済が終えることになりますので、残された家族の負担になることはありません。

団信は、不動産投資を行う人のみが加入できる保険になりますが、これが生命保険と似たような仕組みだと感じた人もいるでしょう。
厳密に言うと、加入条件や保障範囲に違いはありますが、一定の保障が得られることは共通していますよね。
生命保険とは違い、好きなタイミングでの加入・解約ができませんから自由度は低いものの、不動産投資を行いながらも保障が得られます。
さらに、近年の団信の保障内容を見ると、一般的な保険商品と同じくらいの保障内容を設けていることもあります。

このように、団信の存在は保障面において影響していることが分かるでしょう。

不動産投資が生命保険の代わりになるワケ~②投資自体の保険効果~

もう一つは、団信の加入に関わらず、不動産投資自体が生命保険代わりになることです。
そもそも不動産投資は、賃料が収益だと思っていますよね。
いくら保険代わりだと言っても、賃料分の収益だけではいざという時に心もとないと感じる人もいるでしょう。

ですが、ローンの有無に関わらず、投資用不動産自体が1つの資産になります。
例えば、物件を購入し、運用していた本人が亡くなってしまった場合をイメージしてみて下さい。
そのまま運用を続け、賃料を受け取ることができますが、売却するという選択肢もありますよね。
仮に利益率の高い投資用不動産を所有していた場合は、売却時にプラスに働きます。
そのため、まとまった保険金という形で売却金を手に入れることができるでしょう。

これは、団信の状況に関わらず、運用をしている人が得られるメリットになります。

まとめ

不動産投資生命保険代わりになる理由について、みなさんは納得できましたか?
確かに、一般的な生命保険とは内容が違っていますが、団信や運用面を見ると同様の効果が得られることが分かりますよね。
団信の場合は、自由に加入できるわけではありませんが、ローンの不安を軽減してくれる存在になるでしょう。
不動産投資と生命保険、それぞれのメリットを理解した上でベストな方法を探してみて下さい。

2020年11月22日

お役立ち情報 関連記事

株主優待狙いの人は必見!~損失をカバーできる「つなぎ売り」に注目!~

良いとこ取りの手法?~ブレンド投資の基本知識を解説します~

これから不動産投資を始める人は注意!~コロナの影響と融資状況~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter