お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

コロナで見直すべき貯金の価値観

2020年11月19日

コロナの影響で、光熱費等、家計のやり繰りが変わった家庭は多いですよね。
家計のお金の動きが変わるということは、貯金をするにしても今まで通りでは厳しい状況でしょう。
コロナという出来事は、貯金の価値観を変えてしまっていると言っても過言ではありません。
今回は、見直すべきポイントをご紹介します。

コロナと貯金の変化~変化した項目を確認する~

コロナの影響で、みなさんの生活や仕事のあり方が変わったという人は少なくありません。
例えば、在宅勤務で働く形が主流になったり、プライベートでも家で過ごす時間が多くなったりすることが挙げられるでしょう。
それを、お金の動きで捉えると、出費が多かった項目と少なくなった項目に分けられますよね。
ここが、一つのポイントになります。

コロナの影響は、まだしばらく続くことになります。
そうなると、直近のお金の動きは現状からあまり変わらないと思っていいでしょう。
そこで、コロナで出費が減った項目分のお金を、貯金に回すお金として捉えるのです。
みなさんの中には、今まで貯金はこのお金から確保すると考えている人もいますよね。
しかし、そのお金の部分の出費が増えてしまうと、そこから貯金分を捻出するのは大変ではありませんか?

ストレスなく貯金を続けようとするならば、カツカツな必要経費から回すのでなく、支出が減っている部分にシフトチェンジしましょう。
貯金に回せるお金がある、という意識があることは、精神的にも安心できます。

コロナの今こそ、向いている貯金形態とは?

そこで、コロナ下の現状でオススメしたい貯金形態は、積み立て貯蓄になります。
積み立て貯蓄は、昔から言われている貯金方法の1つになりますよね。
なぜ、改めて注目されているのでしょうか?

そもそも貯金は、当たり前のことですが、お金を貯めることで増えていきます。
しかし、貯める分のお金を確保できない、使ってしまうという状況では、達成できませんよね。
あえて、強制力を持たせる方法が向いているのです。
これは、一般的な積み立て貯蓄だけでなく、つみたてNISAを利用することでも実現できるでしょう。

つみたてNISAだと、お金をただ貯めるというよりは、同時に増やすこともできますので、よりメリットが出てきますよね。
貯金が問題なくできる状況は、常に同じだとは限りません。
その時に応じて、柔軟に対応することも求められるでしょう。

まとめ

今回は、コロナで見直すべき貯金の価値観とポイントをご紹介しました。
家計的に厳しい状況になっている状況は、世界全体で言えますよね。
そんな中、今まで通り貯金をしようとすると、無理が生じてしまうのは当然です。
状況によって、貯金法や確保すべきお金の項目を見直すと、ストレスなく続けることができるでしょう。
みなさんの現状は、いかがでしょうか?

2020年11月19日

お役立ち情報 関連記事

携帯電話の支払いは要注意!~滞納によるリスクを確認~

保険選びのポイント~お金だけでなく生活習慣病に対応できる仕組み~

コロナ特化型の保険が登場!~どんな内容なのかチェックしよう~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter