お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

ひとり親控除とは?~従来の制度との違いから学ぼう~

2020年11月14日

ひとり親で子育てをしている人には、たくさんのサポート制度がありますよね。
ところで、今まで一部の家庭には税制控除が設けられていなかったことに、お気づきの方はいるでしょうか?
控除があるのとないのでは、大きさになりますよね。
今回は、令和2年度から利用できるひとり親控除について解説したいと思います。

ひとり親控除はどのような制度なのか?

ひとり親控除とは、性別や婚姻歴に関わらず、親(単身者)の合計所得金額が500万円以下、同一生計の子どもがいる場合に利用できる制度になります。
簡単に言うと、シングルファザーやシングルマザーが活用できる内容です。
そして、気になるのは控除金額になるでしょう。

気になる控除金額は、所得控除の35万円になります。
これは、大きな控除額になりますから、税金等の苦労が少しでも軽くなるという家庭もあるでしょう。
しかし、なぜ今になって改正が行われたのでしょうか?
その背景を知ると、今までの制度への疑問点に気づくことができるはずです。

ひとり親控除の適用がされるようになった背景

実は、「ひとり親」といっても、家庭によって事情は様々です。
例えば、片親が病気等の事情で亡くなってしまったという場合だけでなく、そもそも未婚のまま出産したという場合がありますよね。
現在の家庭環境の中には、法律上の婚姻関係がない家庭も少なくありません。

しかし、従来までの制度では、寡婦(夫)控除と呼ばれる配偶者の死亡や離婚した事実がある場合にしか、控除が認められなかったのです。
そうなると、未婚で子育てしている人は、何も控除が受けられないことになってしまいますよね。
さらに、ひとり親といっても男女によって控除額が違うといった、性別による差がありましたので、平等な仕組みだとは言えないでしょう。
これでは、苦労している家庭の現状が置き去りになってしまっていますよね。
その結果、制度の見直しがされたのです。

今回の改正における最大のポイントは、未婚のひとり親がひとり親控除の対象となること。
これは、今までの制度内容からすると、大きな変化になりますよね。
その他に、今まで寡婦(夫)控除を受けていた人も、控除額が35万円に増額することになりますから、経済的に大きな変化が出てくるでしょう。

この改正は、令和2年度分の年末調整から適用されますので、関係している親御さんは要チェックですよ!

まとめ

今回は、ひとり親控除について、従来の制度との違いを解説しました。
ひとり親家庭は、収入面で不安定なことも多く、サポートは欠かせません。
今年からは、控除の幅が広がりましたので、今まで対象外だった人の経済的な負担を軽減できるでしょう。
また、従来の制度を利用していた家庭にとってもメリットがある内容になっていますので、改正で変わった点は年末調整時にお役立て下さい。

2020年11月14日

お役立ち情報 関連記事

医療費のマル得情報~工夫次第で節約できることを解説~

夢の地方移住~ライフプランに入れる際に気をつけるべきことは?~

最新トピックの解説~ベーシックインカムって何?~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter