お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

相続する際に資産のチェック!債務控除が利用できる内容とは?

2020年11月5日

私たちは、「債務」と聞くと悪いイメージを持ちますよね。
ですが、相続時には債務控除を行うことによって、課税額を小さくすることができるのをご存知でしょうか?
今回の知識を得ると、大切な控除の一つであることに気づくはずです。
ここでは、相続に関わる疑問を解決したいと思います。

相続時に債務控除に当てはまるお金とは?

債務=良くない借金というイメージがありますが、今回相続時に対象となる債務控除の一例には以下のお金が当てはまります。

・税金
・入院費用
・住宅ローン
・葬儀会社等にかかった葬儀費用

住宅ローンは借入れの1つになりますが、その他は借金というイメージが少ないですよね。
中でも葬儀関係の費用は、故人を送る際に必要なお金になりますから、意外に思われる人もいるでしょう。
これらのお金に関しては、相続時の資産の中から差し引きすることが認められていますので、残った資産で課税計算がされることになります。

これは、法的な形で行う差し引きになりますので、相続時に有利になると考えて下さい。
マイナスイメージの強い「債務」という用語ですが、この話を聞くとプラスに考えることもできるでしょう。

相続時の債務控除は有効な方法になるのか?

相続税の節税面において、債務控除も有効な方法だと考える人もいるかもしれませんが、実はそうでもありません。
確かに、人によっては資産状況をマイナス資産によって差し引きすることで、課税額を少なくすることができます。
しかし、老後の生活において、上記で紹介した資産を生み出すことが厳しい場合が多いですよね。

特に、住宅ローンが適用されると思って、不動産の購入に手を出す事例も少なくありません。
ですが、早い段階で実施するならばともかく、ある程度の年齢になってしまうと、そもそも融資が得られにくいです。
その結果、相続税の負担は軽減されても、相続人が残りを支払っていくということもあり得るでしょう。

従って、控除できる内容の一つではありますが、積極的に利用できるかというと微妙です。
相続時に利用できる方法は、複数ありますから、自分や家族の事情に合った、負担の少ない方法を選ぶようにしましょう。
選択は難しいかもしれませんが、一緒に調べることで、家族の意見や考えが改めて理解できるはずです。

まとめ

今回は、相続時の資産への課税に関わる債務控除についてお話ししました。
債務の中には、控除が受けられる内容もありますので、適正な内容であれば、しっかりと手続きした方が良いです。
しかし、控除を狙って無理やり債務を生み出すというのは、好ましい選択ではありません。
あくまでも死亡時までに確定している内容が対象になりますから、他の方法を利用できる場合はそちらを選んだ方が無難でしょう。

2020年11月5日

お役立ち情報 関連記事

医療費のマル得情報~工夫次第で節約できることを解説~

夢の地方移住~ライフプランに入れる際に気をつけるべきことは?~

最新トピックの解説~ベーシックインカムって何?~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter