お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

不動産投資を始めるなら気をつけたい、水害リスクについて

2020年10月25日

近年は、ゲリラ豪雨等、水害が発生する機会が多いですよね。
度重なる報道を見て、水害が珍しくないのもお分かりでしょう。
これほどまでに身近になっている場合、不動産投資においても水害リスクを考えなければなりません。
そもそも、不動産投資水害リスクにはどのような関係性があるのでしょうか。
一緒に確認しませんか?

不動産投資と水害~投資家に降りかかるリスクを知る~

ところで、水害と聞くと、私たちは川の近くと言った、水に近い所で発生しやすいと考えますよね。
これは、間違いではありません。
ですが、近年の状況を見ると、必ずしも川の近く=水害発生とも言い切れないことがあるのです。

例えば、陥没しやすい地域に雨が集中したり、土地的に低い場所に水が溜まったりということがありますよね。
中には、地域の中心部の賑わっている場所で発生していることもあります。
そうなると、不動産投資で活用する物件の場所によっては、川の近くでなくても、水害に巻きもまれる可能性は十分にあるでしょう。

水害に巻き込まれ、物件に被害が出てしまうと、修繕費等で赤字になる可能性がありますよね。
また、今後売却するにしても、水害に巻き込まれるということで、かかる修繕費や入居率の問題から、売れにくい物件になってしまいます。
このようなリスクを考えると、売買のどちらの状況にも不利になるのが理解できるでしょう。
上記のリスク小さくするために、投資家のみなさんには何ができるでしょうか?

不動産投資の物件を水害から守るためにできること

みなさんの不動産投資用物件を水害から守るためにできることは、2つです。
まずは、ハザードマップ等で水害の被害に遭いやすい地域であるかを事前に確認しましょう。
どのような地域かを知っておくことは、投資上の戦略を考えるだけでなく、あらゆるリスク回避に役立ちますよね。
地域の特徴を知っておくと、購入を避けるべき物件が判断できますし、購入した場合はいざという時に備えて、早い段階で対策を講じることができるでしょう。

2つ目は、賃貸経営を始めた場合の補償を確保することです。
大家さん向けの保障の中には、火災保険に付帯して補償を受けられる内容がありますので、入居者フォローも安心ですよね。
実際に入居者が入ってしまうと、自分の損失だけでなく、入居者のフォローは欠かせませんから、事前に補償内容は確認すべきでしょう。

まとめ

今回は、不動産投資水害リスクについて解説しました。
水害は川沿いのように水のある地域で起こるものでなく、都市部の方でも発生していますので、ここは大丈夫!と、油断できるものではありません。
自分の物件の立ち位置がハザードマップ上どうなっているのか、被害に遭った時にどう対応するか、事前の備えは大切です。
被害に遭ってしまうと、修繕費の他、出口戦略が困難になる恐れがありますから、情報収集等は怠らないようにして下さい。

2020年10月25日

お役立ち情報 関連記事

東京証券取引所でのトラブル~取引停止中でも取引できる方法とは?~

【投資中級者向け】銘柄探しに定性分析を取り入れてみよう!

不動産投資の思わぬ効果?~生命保険の代わりになるのか?~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter