お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

収入が減少してしまったら、今後の生活のために引越しすべき?

2020年9月29日

新型コロナウイルスの影響で、収入が減少した人は多いですよね。
その結果、生活の維持が難しいと考えることもあるでしょう。
収入に不安がある場合は、引越しして家賃から生活レベルを調整すべきなのでしょうか?
家賃が収入に見合っているのかを確認するのは、よく言われていることですよね。
その実態はどうでしょうか?

収入と引越しの関係~引越しするなら早いタイミングで!~

収入が減少し、引越しをした方が良いと考えた時は、なるべく先延ばしにせず、早いタイミングで実行しましょう。
何事もタイミングは大切ですよね。
しかし、あまり早すぎると本当に引越ししても良いのか、不安だと感じる人もいるでしょう。
実は、早ければ良いというのは金銭的な事情を踏まえての判断になります。

確かに、経済的な事情から、住まいのグレードを落として対応するというのは1つの選択肢になります。
ですが、引越しには大きな費用が必要になりますよね。
ただでさえお金がない時に、大きな出費が必要となると、家計的に苦しくなってきます。
引越しを先延ばしにしてしまうと、生活費が心もとない時点で判断をしなければなりませんから、引越し後の生活にも不安が残ってしまいますよね。

従って、収入が減少したとしても、初期の段階で移動するかどうかの判断ができると、今後の生活の金銭的な不安を小さくできるでしょう。

収入の減少があっても、引越しを避けた方が良い場合もあるの?

一方、収入が減少してしまったとしても、引越しをしなくても対応できる場合もあることをご存知でしょうか?
それは、一時的に、減少する期間が決まっているような場合です。
例えば、怪我等の事情で3か月間働けず、その分の収入が減少するような時があったとしましょう。
この場合、3か月間どうにかして生活することができれば、無理して引越しする必要はありませんよね。

減少する金額と引越しにかかる費用を比べてみた時に、引越し費用の方が大きい場合はそのまま現状維持した方が無難です。
生活を維持していくためには引越しだけでなく、固定費を見直してみるという部分でも十分に対応できるでしょう。
また、今までの貯金でも対応できるかどうかも確認しておきたいですね。
どんな方法が自分に向いているのか、減少の度合いや期間限定の出来事なのかを今一度考えて判断して下さい。

参考URL Yahoo!ニュース
(https://news.yahoo.co.jp/articles/98fbdfabebe02441b06c1cc34800ff7dd3a7f93a)

まとめ

収入が減ってしまうと、すぐに引越しを考える人は多いです。
ですが、引越し費用は高額になりやすいですから、かかった費用以上のメリットがないと引越しした甲斐がありませんよね。
家賃の安い住まいに移動するにしても、確実にメリットのある場合には引越しをオススメしたいと思います。
反対に、一定期間のやり繰りで現状を乗り越えられる場合は、無理して住まいを変える必要はありません。

2020年9月29日

お役立ち情報 関連記事

コロナ対策 結婚式用マスク

結婚式のコロナ対策にもなる「結婚式用マスク」についてご紹介します!

10年固定住宅ローン 特徴 

10年固定住宅ローンの特徴~住宅ローン選びのアドバイス~

結婚式のウエディングドレス

高年収だと結婚意欲は下がるの?~結婚観について考えてみよう~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter