お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

労災保険の拡充で対象となるのはどんな人?~働き方の変化から考える~

2020年9月27日

仕事中に怪我をした場、会社員ならば労災保険の対象になりますよね。
しかし、昨今の社会状況を見ると、昔の制度の在り方では合わない場面も出てきました。
労災保険も、見直しが行われている制度の一つになるでしょう。
なぜ、見直しが行われているのか?
今回は、労災保険働き方をテーマにお話ししたいと思います。

労災保険の拡充が予定されている背景~多様な働き方の存在~

労災保険について、様々な見直しがされている背景には、昨今の働き方事情の変化によるものがあります。
近年は、一つの会社で長く働くよりも、副業を行い、複数の会社に勤めるという風潮が見られるようになりましたよね。
その結果、本業の空いた時間でできる副業が、たくさん登場したことでしょう。

ところで、副業となると、複数の会社との関わりが出てきますよね。
その際に、どこか1社との間で労働災害が発生した場合、どのような扱いになるのかを、みなさんはご存知でしょうか?
例えば、実際に怪我等が発生した会社でしかるべき保障をしてもらうと考えるでしょう。
ですが、全ての収入分保障してもらえるのでしょうか?

実は、現在の制度では、実際に労働災害が発生した会社における賃金分の保障しか認められていません。
つまり、1社分の仕事に関しては保証がしてもらえるけれども、他の会社の仕事に関しては対象外なのです。
そのため、怪我が原因で他の仕事ができないという事態になっても、民間の保険等で自衛策をとっていない限りは対応してもらえませんよね。
副業には、このようなデメリットもあるのです。

労災保険の拡充はこれからの働き方に対応する内容へ

現在検討されている労災保険の拡充は、簡単に言うと、副業のように本業以外で働く働き方を選択した人を守る内容になると思って下さい。
予定されている内容には、複数の会社や事業所で働いていた場合でも賃金を合算して考えて、給付額を計算するものになります。
制度の拡充が実現されると、生活面でのフォロー体制があって安心できますよね。
新しい時代の保障と考えてもいいかもしれません。

一方で、副業をしている人への負担は、今以上になることも予想されています。
それは、給付額を決める時、全体の収入が分からないとどのくらい対象となるのかが分かりませんよね。
そのため、金額を判断するために必要な書類を、所属している会社分集めなければならないでしょう。
一定の保障をしてもらうためには、少し苦労が必要になるかもしれません。

参考URLファイナンシャルフィールド
(https://financial-field.com/household/2020/07/27/entry-83310)

まとめ

今回は、これからの労災保険の拡充と働き方について、お話ししました。
現在設けられている労災制度は、基本的に会社員として働く人には手厚いですが、副業をメインとする人にとっては不足している部分もありますよね。
副業時代が到来しつつある現在だからこそ、検討されている内容になるでしょう。
お金や手続きの動きが変わる可能性がありますので、制度が確立した時はしっかりと確認したいですね。

2020年9月27日

お役立ち情報 関連記事

コロナ特化型の保険が登場!~どんな内容なのかチェックしよう~

主婦 へそくり

【最新版】主婦の密かな楽しみ…?~へそくり事情に迫る!~

コスパ重視 節約

コスパ重視は節約の敵?~貯金の考え方を見直しませんか?~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter