お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

自社株買いにはどんなメリットがあるのか?

2020年9月26日

近年、日本の企業では自社株買いを行うことが増えています。
自分の企業が発行した株を購入するというのには、どのような意味があるのでしょうか?
また、投資家にとって何かメリットはあるのでしょうか?
今回は、自社株買いで想定されるメリットを解説したいと思います。
意味を理解できると、株の見方が変わりますよ!

自社株買いは株主へのメリットに繋がる

自社株買いの第一のメリットは、株主への利益配分がアップすることにあります。
株主が受けられる利益の1つに、配当金がありますよね。
ここで、配当金の仕組みを思い出してみて下さい。
配当金は、株主になっている人に分配されますが、その人数が多いほど一人当たりの割合は小さくなりますよね。
株主の中には、配当だけでは物足りないと感じる人もいるでしょう。

ですが、自社株買いをすると、株主の中には発行元の企業もいます。
発行元の企業に関しては、配当金を分配する必要はありませんから、残りの株主だけで利益分を分け合うことになります。
つまり、利益を分け合う母数が減ることは、1人当たりの利益率が高くなりますよね。
これは株主にとって、嬉しい話だと思いませんか?

この仕組みが分かると、自社株買いしている企業の見方が変わりますよね。

自社株買いは企業にとっても利益率が高いのがメリット

しかし、企業にとって自社株買いをすることは、財政的な面から見るとメリットよりマイナスになりそうな感じがしませんか?
ですが、長い目で見るとマイナスでないのです。
買取った株に関して配当金の支払いは必要ありませんから、支払い総額で言うと通常時より余りがでることになりますよね。
そのため、買い戻したとしてもトータルで判断すると、決してマイナスにはなりません。

また、自社への投資は様々な投資の中でも、一番利益率は高いですから、企業にとって自社に投資するのは大切なことなのです。
みなさんが社長だった場合、このような話を聞くとどう思いますか?
自社株を買った方が、将来的な利益に繋がると思いますよね。
日本企業が自社株買いを積極的に行っているのには、利益率から判断していることも関係しているでしょう。

株というのは、投資家の視点から解説されがちですが、企業側の視点から見るとどうでしょうか?
まさに、win-winの関係です。

参考URLトウシル
(https://media.rakuten-sec.net/articles/-/27429?page=5)

まとめ

自社株買いというのは、株主、企業の両者にメリットがあることを理解できたでしょうか?
私たち投資家の視点から考えると、配当金における分配率が高くなりますよね。
その結果、運用面でプラスになるのは間違いないでしょう。
自社株買いをしている企業に注目している人は、年々増えていますから、意外と探しやすいかもしれません。
運用がしやすいだけでなく、配当での利益も得たいという人は、注目してみてはいかがですか?

2020年9月26日

お役立ち情報 関連記事

不動産投資を始めるなら気をつけたい、水害リスクについて

忙しい投資手法?ヤドカリ投資法のやり方を学ぼう!

コインランドリー経営

新しい投資手法!~コインランドリー経営のメリットに迫る!~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter