お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

高年収だと結婚意欲は下がるの?~結婚観について考えてみよう~

2020年9月22日

現在婚活をしている人の中に、高年収を条件としている人はいませんか?
結婚生活を維持していく上で、高年収であることはやはり魅力的な要素ですよね。
一方で、高年収の人は結婚意欲が高いとは言えない傾向にあるのです。
これは、何故でしょうか。
今回は、収入面から考える結婚観について考えたいと思います。

高年収の反面、結婚意欲が低くなるのは?

みなさんの中には、高年収だと結婚相手がすぐに見つかりやすいと思っている人はいませんか?
その考えが正しいのかどうか、LINE株式会社で行われた出会い・結婚に関する調査を基に考えてみましょう。

年代と個人年収を見た時に、20代以下の男性の回答では年収600万円~800万円未満だと、結婚意欲は約8割に上りました。
8割近くあるとなると、若い世代というのもあって、結婚に対して前向きに考えていることが伺えますよね。
人によっては、上記の年収の設定は高年収の中に入っているという人もいるでしょう。
つまり、世代と年収のマッチングが上手く行けば、気になる男性と近づけるチャンスは増えそうですね。

その一方で、先程と同年代の男性でも高年収と言われる年収800万円を超えると、結婚意欲が低下している傾向が見られました。
年収が800万円以上になると、仕事へのやりがいや自分に対してお金を使いたいということから、結婚を急ぐような意識は小さいのかもしれません。
意外にも自由に使えるお金が十分にあるということは、結婚よりもプライベートを重視するような意識になりやすいでしょう。

女性の場合も高年収になると結婚意欲は低くなる?

先程は男性の状況について触れましたが、女性の場合も同じなのでしょうか?
女性の場合を見てみると、20代では高年収になるにつれ、結婚意欲も上がっていきます。
そのため、収入の状況が結婚観に影響するという感じにはならないでしょう。
しかし、ある年代を境に、意欲が低下していきます。

その年代とは、30代~40代です。
上記の世代になると、高年収になればなるほど、男性と一緒に働きながら生活しなくても、安定した生活が送れますよね。
そのため、結婚を急がなくてもいいやと考える人がいるのかもしれません。

感情のない話題かもしれませんが、安定した生活を送りたいと考えて、結婚を検討している人もいます。
そのような事情を踏まえると、安定した生活が自力でできるというのは、結婚のプレッシャーから解放されていると言えるでしょう。
もちろん、この感覚は個人によりますので、あくまで参考にして下さい。

参考URL
ファイナンシャルフィールド(https://financial-field.com/living/2020/07/31/entry-83532)
LINE株式会社(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002337.000001594.html)

まとめ

今回は、高年収だと結婚意欲は低下するのかをテーマに、収入と結婚観を考えてみました。
全ての人に当てはまることではありませんが、やはり高年収になるほど、結婚を急ぐという傾向は少なくなっています。
むしろ、収入がある分、生活が安定したり、趣味に使えるお金があったりと、マイペースに暮らせると考えている人もいますよね。
結婚にとって年収は全てではありませんが、今後も外せない指標になるのは間違いないでしょう。

2020年9月22日

お役立ち情報 関連記事

コロナ対策 結婚式用マスク

結婚式のコロナ対策にもなる「結婚式用マスク」についてご紹介します!

10年固定住宅ローン 特徴 

10年固定住宅ローンの特徴~住宅ローン選びのアドバイス~

収入が減少してしまったら、今後の生活のために引越しすべき?

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter