お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

リバースモーゲージのちょっとした違い?~公的制度と民間のサービスについて~

2020年9月11日

広告等で、リバースモーゲージに触れる機会は多くなりました。
便利そうな仕組みである一方、リバースモーゲージの申請先によっては、利用時に違いが出ることをご存知でしょうか?
両者の違いを知らないで将来損してしまうのは、絶対に嫌ですよね。
今回は、公的制度と民間の違いをご説明しましょう!

リバースモーゲージでお金の借りる際の受け取り方の違い

公的制度と民間のリバースモーゲージの明確な違いは、お金の受け取り方にあります。
話は違いますが、住宅ローンの場合だと一括で大きな金額を借りることになりますよね。
リバースモーゲージの場合は、どこに申請するのかによって、分割して受け取るか、まとめて受け取るのかの違いがあるのです。

公的制度である厚生労働省の貸付制度の場合、お金の受け取り方は3カ月に1回、上限は30万円までと、年金の受給の仕方と似ている方法になります。
一方で、民間で行っているサービスの場合は、分割形式よりも、まとまった形で受け取れる方法が多いでしょう。
今回は、お金の受け取り方に注目しましたが、どれも同じだと思っていた人は驚きますよね。

なぜ、民間の受け取り方が違うのかというと、そもそもサービスの目的が公的制度と違うことが理由になります。
民間のリバースモーゲージは、年金等による安定した収入がある上で、さらに豊かな生活を送りたいと考えている人向きのサービスになります。
つまり、生活がひっ迫していて大変だという人が利用するサービスとは違うことが分かりますよね。

利用者のニーズの違いが、ちょっとした違いになっているのです。

リバースモーゲージで可能なお金の使い道の違い

受け取り方の違いを踏まえた上で、次はリバースモーゲージのお金の使い道の違いに触れてみましょう。
おさらいすると、公的制度の場合は福祉面を重視、民間は生活の充実度を重視しています。
その中で、民間サービスを利用すると、次のようなお金の使い方ができることをご存知でしょうか?

それは、住宅のリフォーム資金や高齢者施設入居への資金としての使い方です。
これらの選択肢には、必ず高額な費用が求められますよね。
生活面では不足がなくても、残された家族のために何かしたいと考えると足りないということはあり得るでしょう。
その時に活用できる方法の1つだと思って下さい。

どこの制度を利用するかによって、こんなにも違いがあるとは思いませんよね。
利用する際の参考にしてみて下さい。

参考URL
厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/bunya/seikatsuhogo/seikatsu-fukushi-shikin2.html)
住宅本舗(https://www.jutapon.com/repaying/oldage/oldage-outline/3087.html)

まとめ

リバースモーゲージ違いが分かると、利用すべきタイプの人が見えてきます。
例えば、公的制度の場合は、生活保障や税制優遇を受けたいというニーズがある人に向いている内容ですよね。
一方で、民間の場合は、自分の資産を自分の代で使い切りたいというニーズがある人にオススメです。
それぞれ申請する際の条件が決まっていますから、自分の目的をはっきりさせてから、ニーズに合った方を選ぶようにしたいですね。

2020年9月11日

お役立ち情報 関連記事

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金について緊急解説!

学生納付特例制度 追納

国民年金「学生納付特例制度」~追納できない場合は将来どうすべき?~

介護サービス費

高額介護サービス費で介護の悩みを解決しよう!

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter