お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

株価の状況が読めない時にできる戦略「打診買い」の意味とは?

2020年9月8日

時として、どうしても株価の動きが読めないことは、あるものです。
迷ってしまった時に、大きな判断をするのは難しいですよね。
そんなの状況に対応できるのが、打診買いという方法です。
この方法を知っておくと、困った状況を間違いなく打開できるでしょう。
一体、どんな方法なのでしょうか?

株の試し買いをする手法「打診買い」

みなさんの中には、株の売買は一気に行うものだと思っている人はいませんか?
例えば、投資にかける予算が20万円ならば、その金額に合った株数を購入すると思ってしまいますよね。
そのような売買の仕方は確かにありますが、このやり方が通用するのは、株価の動きが明確になっている時になります。
良い状況と悪い状況、はっきりしているならば判断がしやすいですよね。

ですが、微妙な時やこれからどう動くが分からない時はどうでしょうか?
このような時に、の小規模の買い注文を行うのが打診買いという方法になります。
典型的な状況としては、底値が見えてきて、これから買いに転じるのでないかという状況が予想される時に利用されます。
この微妙な状況下では、まとまった株数を購入するのはリスキーだと、多くの人は考えるでしょう。

しかし、試し買いの範疇で購入したならば、例え読みが失敗していたとしても、すぐに切ることができますし、損失を小さくできますよね。
中々慣れないと難しい手法のように感じますが、初心者層からベテラン層まで幅広い人に対応できるでしょう。

試し買い以外で株を打診買いする目的

を試し買いする打診買いですが、自分の身を守るためだけに使われる手法ではありません。
使い方によっては、攻めの手法にすることもできるのです。
例えば、株価が下がっていた時に、これから上昇するかもと少数の株を購入したとしましょう。
その結果、株価は上昇せずに、再び下降傾向になったことをイメージしてみて下さい。

実は、ここでさらに買いを追加することによって、平均取得単価を下げることができるのです。
つまり、安く買って高く売るということが実現できる可能性が高まるでしょう。
一度打診買いをすることによって、少なからず状況が分かりますよね。
この展開は、「下降した」という状況が分かった上で行えますから、より自分に有利な状況を作り上げることができるのです。

ここまで聞くと、ただの試し買いという手法でないことがご理解頂けるでしょう。

参考URLインテク
(https://aibashiro.jp/contents/yg00041/)

まとめ

打診買いは、株価の市場の動きを探る上でも大切な手法になりますよね。
今まで理論的なことを知らなかった人でも、感覚的にそうした方が良いということを感じていた人は多かったでしょう。
状況によっては低い価格で株を手に入れるチャンスにもなりますから、これが状況判断の手法でなく、数ある戦略を実行に移すきっかけとなる手法だということを覚えておきましょう。

2020年9月8日

お役立ち情報 関連記事

監理銘柄は危ないの?~投資におけるリスクを理解しよう~

ストックオプションで株を購入する人が知っておきたい知識

蝗害 投資

蝗害の影響はここまで及ぶ!~投資にも影響するって本当?~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter