お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

令和2年度の年金額から考える、これからの専業主婦世帯の老後

2020年8月28日

現代でも様々な事情から、専業主婦を選択する人はいるでしょう。
その際に、家庭で将来の年金額が専業主婦世帯ならどのくらいになるのか、話し合ったことはありますか?
まだ先の話だと、軽く考えている人もいるかもしれません。
今回の記事では、年金額の最新情報を基に、専業主婦の老後を考えたいと思います。

令和2年度の年金額~専業主婦世帯の場合はどのくらい?~

みなさんは、今年度の年金額がどのくらいになっているのか知っていますか?
今の高齢世帯がどのくらいの金額で生活しているのかが分かると、自分たちの生活面の参考になりますよね。
令和2年度の厚生年金額は、67歳以下の専業主婦世帯の場合、月220,724円となっています。
夫婦2人で生活することを考えると、みなさんの生活状況ではいかがですか?

この金額は、昨年度の月額からおよそ500円程度増えている金額になりますので、今の世代は恵まれていると考える人もいるでしょう。
この金額は、厚生年金を満額で支給されることを想定しているものになりますので、人によっては誤差が生じることはご了承下さい。
一方で、専業主婦でなく、共働きで働くとなると、もちろんこの金額より高くなりますよね。

最近の年金額を見た時に、このまま専業主婦でいてもいいのかと不安に感じる人はいませんか?
中には、事情があって働きに出られないという人もいますよね。
少しでも金額が増やせないかと思っている人は、次の方法を知っておきましょう。

年金額を増やすために専業主婦ができる方法

ここからは、今からでも年金額専業主婦が増やせる方法を、いくつかご紹介しましょう。

まずは、iDeCoやNISAを活用する方法です。
これらを利用した方法は、今や有名ですよね。
少額から始められるのが大きな魅力ですから、自由に使えるお金が少ない専業主婦でも始めやすいでしょう。

何より、この方法は中々働きに出られない事情を抱えている専業主婦でも、ハードルが低く始めやすいですよね。
多様な世代、職業の人が行っていますから、確実に年金額を増やすにはピッタリです。

また、専業主婦の中には、短時間でも働きたいと考えている人もいますよね。
そのような人の場合は、パートで貯蓄を増やすということも大切ですが、国民年金や労働状況によっては社会保険に加入できるか検討してみて下さい。
少しでも公的な制度に入れるということは、加入した期間分の金額が受け取れます。

旦那さんの年金額から見ると少額かもしれませんが、年金として支給されている事実に変わりありません。

参考URL厚生労働省
(https://www.mhlw.go.jp/content/12502000/000588114.pdf)

まとめ

今回は、令和2年度の年金額から、専業主婦世帯の老後を考えてみました。
専業主婦の場合、税制優遇される仕組みがありますが、それが将来に直結するかどうかと言われると違います。
年々、必要なお金は自分で確保するという考えが、立場に関係なく強くなっていますよね。
働くことが厳しい場合でも、日々の貯蓄状況を確認する等できることはありますから、時間をかけてできることをやりましょう!

2020年8月28日

お役立ち情報 関連記事

高額医療費制度を活用するなら、事前に限度額適用認定証を申請しよう!

健康保険でできるお得な制度!~健康づくりを促進するために~

リバースモーゲージのちょっとした違い?~公的制度と民間のサービスについて~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter