お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

ライフプランが不確定な人こそ知っておきたい資産形成術とは?

2020年8月19日

20代では、まだまだ見えない将来に焦燥したり危惧したりする人も多いでしょう。
その雰囲気は、30代になると現実として強固な物になり始めます。
同年代の誰もが将来について考え始めるのです。
ただ、焦りはチャンスです!
ここでは、ライフプランが不確定な人向けの資産形成術を教えましょう!

ライフプランが不確定であっても、資産形成は可能!

みなさんの中に、資産形成ができるのは明確なライフプランがあるからだと思っている人はいませんか?
確かに、将来のイベントに向けていくらお金が必要なのか、事前に把握して用意しておくことは大切です。
しかし、そもそもライフプランがまだ不確定で、資産形成を始めるにしても、どこから始めたらいいのか分からないという人もいますよね。
明確な目的がない場合は、始めていけない雰囲気を感じていませんか?

これは、間違った考えです。
例え、自分のライフプランが未確定であったり、イメージがぼやけていたりしても、始めておくに越したことはありません。
そのため、自分の将来のイメージが掴めないから始められないと思わないで下さい。
早くから始めておくと、急な変更にも対応できますから、むしろ推奨したいくらいです!

一方で、始めるにしても何に重点を置いて始めるべきか、という問題がありますよね。
不確定な人の場合は、まずどこに重点を置くべきでしょうか?

ライフプランが不確定な人は、老後の生活費から資産形成を始めよう

ライフプランが不確定な場合は、他のイベントへのお金を蓄えることも大切ですが、先に老後の生活費から資産形成を始めてみましょう。
この費用は、結婚した人、独身の人関係なく将来に関わるお金になりますよね。
目下の目標設定としては無難ですし、誰でも始めやすいのです。

一方で、結婚関係や住宅関係の費用も大切なのではと思う人もいるでしょう。
これらの費用も、高額になりやすいですから、お金がある分にはいいですよね。
ですが、これは人によって考えが分かれやすい部分であり、今から無理して2つの費用を貯める必要がない場合があります。

例えば、結婚をしたいと思っている人、そうでない人、一軒家のようなマイホームが欲しい人、実家で暮らしていたい人のように、ニーズが多様にあります。
貯めておくといいのは事実ですが、重点的に必要かと聞かれるとどうでしょうか?
このような事情を踏まえると、誰でも始めやすいのは老後関係の費用になりますので、まずはそこから始めていきましょう。

まとめ

ライフプランが明確に決まっていなくても、資産形成は可能です。
むしろ、少しでも始めていた方が、今後明確なライフプランができた時に、変更を加えるだけで簡単に調整ができるのです。
微調整だけだと、楽ですよね。
しかも、少し土台ができていますから、費用的にもゆとりが出てくるでしょう。
そう考えると、ノープランだから何もしないというのは、将来を考えた時にとても危険な行動であることが分かりますよね。

2020年8月19日

お役立ち情報 関連記事

改めて勉強したい用語~投資信託における福利効果って何のこと?~

投資信託 児童手当

投資信託で教育資金を確保できる?~児童手当の管理から考える~

資産運用 リスク

資産運用と日本人~”リスク”に対して極端に恐れるのはなぜ?~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter