お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

国民年金を前納した後に厚生年金に切り替える時の注意点

2020年8月10日

転職等のタイミングで、年金の仕組みが変わるのはよくあることですよね。
しかし、途中で年金の仕組みが変わるということは、納める金額も変わってきます。
例えば、国民年金を前納である程度支払っていた場合、途中で厚生年金に切り替えるとどのような対応が求められるのでしょうか?
早速、確認してみましょう!

国民年金を前納してしまった場合はどうする?~厚生年金に変化はあるの?~

国民年金の保険料をお得にできる方法の1つには、「前納」がありますよね。
一度に大きな額の保険料を納めることによって、少し金額がお得にできる制度です。
これを利用して、保険料を納めている人は多いでしょう。

しかし、国民年金の加入をしている人の中には、途中で就職やアルバイトでも職場の社会保険の加入が求められたことにより、厚生年金に変わる人もいますよね。
事前に前納で保険料を納めていた場合は、納めた分は戻ってこないのでしょうか?

結論から申し上げますと、戻らないことはありません。
納め過ぎていた分は、しっかりと返ってきますのでご安心下さい!

戻ってくる金額は、厚生年金の保証期間とどのくらい重なっているかで判断されます。
そのため、途中で切り替わったけれど、重複している期間がなかった時は対象となりませんから注意しましょう。
納め過ぎてしまったかも…、と思っても大丈夫ですよ。

国民年金の還付作業は、厚生年金の加入後に!

ところで、国民年金の保険料が払い過ぎてしまった場合、厚生年金に変わったどのタイミングで行動すべきなのでしょうか?
ポイントは、厚生年金の加入後に届くお知らせです。
年金事務所から払い過ぎているので、手続きしにきて下さいというお知らせが届きますので、これが届いたら忘れないうちに行きましょう。

実は、手続きをし忘れてしまうと、せっかくの還付が受けられない場合があります。
それはもったいないですよね。
期限は2年と決められていますが、先延ばしにしていたら経過しすぎていたなんてことになり兼ねません。
特に、新しい仕事が忙しいと、手続きに行くのを忘れてしまいそうですよね。

手続きには、期限がある。
このことを、絶対に忘れないようにして下さい。
これは、私たちに保障されている権利ですし、生活にも関わりますから、受け取るべきものは必ず受け取るようにしましょう。

参考URLファイナンシャルフィールド
(https://financial-field.com/pension/2020/06/26/entry-80538)

まとめ

今回は、国民年金の前納を利用した後に厚生年金へ切り替わった際の注意点について、ご説明しました。
前納は、保険料をまとめて支払うことで、その金額をお得にできる仕組みです。
しかし、年金のシステムが変わってしまうと、払い過ぎていたということにもなり兼ねませんから、重複している期間がないか注意しましょう。
また、手続きには期限が決まっていますので、なるべく早いうちに還付を受けるようにして下さい。

2020年8月10日

お役立ち情報 関連記事

高額医療費制度を活用するなら、事前に限度額適用認定証を申請しよう!

健康保険でできるお得な制度!~健康づくりを促進するために~

リバースモーゲージのちょっとした違い?~公的制度と民間のサービスについて~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter