お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

ガン保険に加入するなら知っておきたい、免責期間のハナシ

2020年8月8日

ガンという病気について、誰もが一度は考えたことがありますよね。
将来の安心を得るためにガン保険の加入を検討している人もいますが、実はこちら、加入後すぐに利用することができません。
それは、どうしてでしょうか?
今回は、ガン保険に設定されている免責期間についてお話ししたいと思います。

ガン保険には一定期間の免責期間がある

私たちは、保険に加入するとすぐにでも保障が受けられると思っていませんか?
実は、保険の加入後すぐに利用できない商品もあります。
例えば、加入した次の日に保障を利用したいと思っても、ルール的に不可能な商品もありますから注意して下さい。

ガン保険の場合は、一般的に3カ月程度の免責期間が設けられていることがあります。
この期間中は、保障内容に当てはまるような出来事があったとしても、それに対応した保障、つまり保険金や給付金を受け取ることができません。
簡単に言うと、まだ保障の対象となっていない期間という事です。

そのため、加入したからと言って次の日から安心だ、と考えてしまうと危ないことが分かりますよね。
加入を検討している人は、重要事項等の説明を受けるだけでなく、自分でも必ず目を通しておきましょう。

ガン保険の加入に免責期間が設定されている理由

ところで、みなさんの中にはガンは重大な病気だから、すぐにでも給付が受けられると助かるのにと思う人はいませんか?
確かに、すぐに治療が必要な病気ほど、金銭的な保障が受けられると助かりますよね。
そんなガン保険ですが、免責期間が設けられているのには、保険特有の事情が関わっています。

それは、保障に対する公平性です。
例えば、保険に加入してすぐに病気が発覚した人と、1年後に発覚した人がいたとしましょう。
1年後に病気が発覚した人は、発覚までの1年間に保険料を毎月払ってきましたので、しかるべき保障が受けられて当たり前ですよね。

一方で、加入後すぐに病気が発覚した人はどうでしょうか?
1年後に発覚した人と比べると、保険料を支払わなくても手厚い保障が受けられますよね。
少し違った見方をすると、大して保険料を支払っていないのに、なぜ同じ保障を受けられるのかと思ってしまいませんか?
ここが、不公平感に繋がってしまうのです。

確かに、保障がすぐに受けられるのは助かります。
しかし、他の加入者との関係性から、このようなルールが設けられていると思って下さい。

参考URL保険相談ナビ
(https://www.hokennavi.jp/cont/column-life-gan-007/)

まとめ

ガン保険を乗り換える人は特に、この免責期間について注意しなければなりません。
乗り換えた後に、以前の保険と同じように保障が受けられると思ってしまうと、受けられるはずの保障が受けられなくなってしまいます。
保険を変えた後は、無保険となる期間があることを忘れないようにしましょう。
これは、ガン保険に限ったことではありませんから、どんな保険においても保障が受けられる条件を確認しておきたいですね。

2020年8月8日

お役立ち情報 関連記事

年金追納のタイミング~ベストなのはどんな時なの?~

マイナポータル

マイナポータルを利用して家計の管理に役立てよう!

電力会社 ポイント

テレワークで気になる電気代~電力会社選びのポイントを知ろう!~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter