お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

個人事業主でお困りの方へ~家賃支援給付金を活用しよう~

2020年8月3日

個人事業主の中には、事務所や店舗を借りている人がいますよね。
感染症の影響で、経営にダメージを受けただけでなく、こうした家賃の支払いが困難になった人も多いでしょう。
そんな人たちに、やっとサポートが設けられました!
7月14日から申請が開始している家賃支援給付金とは、どのような制度なのでしょうか?

家賃支援給付金とは?

家賃支援給付金の対象となるのは、中小企業や個人事業者等になります。
なぜ、このような人たちが対象になっているのかというと、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、5月に緊急事態宣言が延長されましたよね。
ただでさえ、経営面で苦しかった人、業界が多いのに、サポートが少なく耐えるしかなかったところがほとんどでしょう。

深刻なのは、何も収益面に限ったことだけではありません。
事務所や店舗を借りて営業しているような場合、その賃料の支払いが厳しいという声が多く上がっていましたよね。
現在、運転資金等に関するサポートや給付金は登場しましたが、その家賃に対するサポートは不十分だったと言えるでしょう。
事業関係の家賃に対するサポートの声が、やっと実現したと言っても過言ではありません。

待ちに待っていた人にとっては、まさしく朗報になるでしょう。

どのくらいの給付が家賃支援給付金でされるのか?

多くの個人事業主にとって朗報な制度であっても、家賃支援給付金でどのくらいのサポートがあるかによっては今後が左右されますよね。
制度上では、個人事業者には最大300万円、法人には最大で600万円の給付が受けられます。
この金額の決定には、月額の賃料がどのくらいであるのかが関わりますので、もしかすると申し少しサポートがあると助かると感じる人もいるでしょう。

しかし、賃料関係の支払いは、経営面の中でも大きな割合を占めますよね。
立地環境によっては、かなり高額になっているというところもあるでしょう。
それを自分たちで苦しい状況ながら支払うよりは、少しばかりでも負担が軽減されたと考えることができそうです。
何より、給付金は返済が必要ありませんから、賃料で不安を抱えていた事業者にとっては心強いでしょう。

申請はつい最近始まったばかりですので、必要書類を確認して申請するのを忘れないで下さいね!

参考URL経済産業省
(https://www.meti.go.jp/covid-19/yachin-kyufu/index.html)

まとめ

事業を営むにあたって、テナントを借りている人は多いです。
この賃料の支払いは、経営面でも大きな割合を占めていますから、賃料で苦しんでいた人も多かったのでないでしょうか?
その負担が、この家賃支援給付金で少しでも解消できるとなると、今後の経営ビジョンが見えてくる人もいるかもしれません。
申請は、2021年1月15日までですから、焦らずに申請の準備を進めていきましょう。

2020年8月3日

お役立ち情報 関連記事

医療費のマル得情報~工夫次第で節約できることを解説~

夢の地方移住~ライフプランに入れる際に気をつけるべきことは?~

最新トピックの解説~ベーシックインカムって何?~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter