お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

困った時に知っておきたい制度~生活福祉資金貸付制度ってどんな制度?~

2020年7月12日

私たちの生活は、しばしば予期せぬ事態が発生することがあります。
そんな時、生活福祉資金貸付制度という制度が金銭的なサポートをしてくれることを知っているでしょうか?
福祉サポートの内容は、知っておいて損はありませんよね。
どんな制度なのか、その内容に迫っていきましょう!

対象に応じてサポート内容が変化する生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度とは、低所得世帯だけでなく、障がい者や高齢者を対象とした制度になります。
ところで、低所得世帯はサポートが必要なイメージがありますが、障がい者世帯や高齢者の世帯も対象となるのはなぜでしょうか?
近年、働く場所があっても収入が少なく困っているという人は多くいますよね。

ですが、障がい者世帯や高齢者世帯は、上記の世帯よりも厳しい生活になっている場合もあるでしょう。
例えば、そもそも仕事に就けないということもあり得ますよね。
そのような人たちが、苦しんだまま生活をするというのは、社会福祉の理念に反してしまいます。

そのため、どのような人でも最低限の生活ができるようにということから、サポートの仕組みが整っていると思って下さい。

生活福祉資金貸付制度には多様なサポートがある

実は生活福祉資金貸付制度という名称だと、あまり馴染みがないという人が多いかもしれません。
ですが、サポートの内容別に見てみると、みなさんも知っている内容があるのです。
例えば、緊急小口資金というサポートを聞いたことはありませんか?

これは、新型コロナウィルス対策として、特別措置が取られたサポートになりますよね。
そもそも緊急小口資金は、生活福祉資金における福祉資金のカテゴリーに分類される内容になります。
もしかすると、みなさんの中にもサポートが受けられて助かったという人がいるかもしれません。

その他に、高齢者世帯を対象とした「不動産担保型生活資金」や子どものいる世帯を対象とした「教育支援資金」等のサポートがあります。
こんな内容にまで対応してくれるの?、と驚く人もいるでしょう。

申請をする場合は、お住まいの自治体の社会福祉協議会で手続きをする必要があります。
申請までいかなくても、不安がある人は、是非相談だけでもしてみて下さい。
ここでは単純にお金の話だけでなく、借りた後の生活設計まで一緒に考えてくれますので、精神的な不安を和らげてくれるでしょう。

参考URL政府広報オンライン
(https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201001/3.html)

まとめ

今回は、生活福祉資金貸付制度についてご紹介しました。
これは、社会福祉協議会が窓口となっているサポート制度になり、貸付だけでなく、返済時の悩みにまで対応してくれます。
そのため、返済プランに不安がある、大丈夫か心配だと感じている人こそ、様々な面で支えになってくれる場所になるでしょう。
現在困っていなくても、今後何かあった時の相談先として覚えておいて下さい。

2020年7月12日

お役立ち情報 関連記事

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金について緊急解説!

学生納付特例制度 追納

国民年金「学生納付特例制度」~追納できない場合は将来どうすべき?~

介護サービス費

高額介護サービス費で介護の悩みを解決しよう!

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter