お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

会社の福利厚生を有効活用~ベビーシッター専用の割引券をご紹介します~』

2020年7月8日

共働きで子育てをするというのは、大変ですよね。
特に子どもが小さいうちは、預け先の対応等、考えることがたくさんあるでしょう。
そんな家庭に朗報です!
会社の福利厚生の中に、ベビーシッター利用時に割引が利用できる制度があるということをご存知でしょうか?
対応している場合は、利用しないと損です!

ベビーシッター派遣事業で割引が受けられると費用がお得に

ベビーシッター派遣事業は、内閣府で設けられている育児を応援するための制度になります。
具体的には、ベビーシッターを利用する場合に、制度上で発行されている割引券を利用すると、利用料金が通常よりもお得にできるというものです。
ここで、自分はあまりベビーシッターを利用しないから必要ないと思っている人もいるかもしれません。

ですが、意外と必要になる場面はたくさんあります。
例えば、仕事の関係で保育園へのお迎えが間に合わない時や、子どもの急病時に預け先がない時というのはよくありますよね。
母親と父親、両方協力したとしても難しい場合がありますし、ひとり親の場合なら尚更状況は厳しいでしょう。

そんな時に助けてくれるのが、ベビーシッターの存在です。
割引券は、1家庭1か月24枚分配布され、最大で約5万2800円の割引を受けることができます。
この割引額は、家計にも大きな影響になりますよね。
困った時でもお金がないからどうしようもない、という状況を打開してくれる制度だと言っていいでしょう。

ベビーシッター派遣事業で割引を受けるために知っておきたいこと

ベビーシッター利用時に割引が受けられる制度であることは分かりましたが、ここで気をつけて欲しいことがあります。
それは、この制度が利用できるのは、利用手数料を負担している企業に限定されているということです。
利用料の割引が可能になっているのは、一部料金を企業側が負担してくれているからなので、その負担をしていなければ利用できません。

まずは、お勤めになっている会社が、制度の対象となっているのかを必ず確認しましょう。
この記事をきっかけに、会社の福利厚生を今一度確認してみてもいいかもしれません。

子ども関係の出費は、高額であることが多いですよね。
困った時だけの利用であっても、お得に利用できるのは有難いことです。
育児面のサポート制度は、困る物ではありませんから、積極的に活用していって下さい。

参考URL
公益社団法人全国保育サービス協会(http://www.acsa.jp/htm/babysitter/)
(http://www.acsa.jp/images/babysitter/2020/special_measures_parsonal2.pdf)
Yahoo!ニュース
(https://news.yahoo.co.jp/articles/9408adaad6ea16320f737ae3fb39c60eddeeae72?page=1)

まとめ

今回は、ベビーシッターの利用時に使える割引制度についてご紹介しました。
制度は基本的に、利用手数料の負担をしている企業に勤めている人に限定されています。
ですが、新型コロナウィルスの影響で、個人で就業している人も制度の対象になっており、活用している人も多そうですよね。
お勤め先で利用できる場合は、困った時のお助けツールとして、利用条件等を事前に確認しておきましょう。

2020年7月8日

お役立ち情報 関連記事

最新 結婚

最新の結婚関係の動向に令和婚の影響があったのか

マイホーム セカンドハウス

マイホームだけじゃない!~セカンドハウスに隠されたメリットを知ろう~

同棲 世帯主

同棲する時のちょっとした疑問~世帯主の扱いはどうすればいい?~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter