お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

こんな時だからこそ情報収集を!~緊急小口資金について解説します

2020年5月4日

新型コロナウイルスの影響で、仕事が少なくなった、休まなければならなくなった、という人はいませんか?
本来ならば確保できる収入が、急激に減ってしまうのは大変ですよね。
その影響で、生活に不安がある人は、是非緊急小口資金の申請をしてみて下さい。
こんな時だからこそセーフティネットを、大いに活用しましょう!

緊急小口資金とはどのような制度なのか

緊急小口資金は、従来から生活が厳しい人に対して、セーフティネットとして設けられている制度になります。
簡単に言うと、経済的に苦しい人に対して、10万円以内のお金を無利子で貸してくれるというものです。
そうなると、返済時の負担が少し軽減されますよね。
新型コロナウイルスの影響で、この制度に特例が設けられたことは、ご存知の方も多いでしょう。

特例の内容は、流行中の感染症の影響で収入が減少し、生活の維持が困難な人に向けて支援をするものになります。
例えば、自営業だけでなく、アルバイトで生計を立てているような非正規雇用の人も該当するでしょう。
これらの職種、雇用形態の人は、社会状況によって収入が不安定になりやすい特徴がありますよね。

みなさんの中には、経済的に苦しいと言っても、公的なサービスの対象とならない、支援が受けられないと思ってしまう人がいるでしょう。
しかし、こんな時だからこそ、苦しい時には支援を得ることも必要です。
助けて欲しい時に、支援を求めるのは恥ずかしいことではありません。

緊急小口資金は最大で20万円の借り入れが可能

現在、学校が休校になっている影響で、仕事を休まなければならないという事情の人もいるかと思います。
緊急小口資金では、このような子どもの学校の休校事情にも対応してくれますから、その結果収入が減ってしまった人には助かりますよね。
なんと、最大で20万円以内の貸し付けが可能になるのです。

その他の事情では10万円以内になりますが、どちらも大きな金額になりますよね。
多少であっても、生活費をカバーすることができますから、申請しないよりはしておいた方が気持ち的にも安心できるでしょう。

借りたお金は、2年以内に返していけばいいのですが、中には収入の状態が回復しないような人もいますよね。
そのような事情がある場合は、償還の免除が認められることもありますから、返済時の状況にも配慮してくれるでしょう。

参考URL厚生労働省
(https://www.mhlw.go.jp/content/12003000/000606493.pdf)

まとめ

今回は、現在注目度の高い緊急小口資金の内容について解説しました。
非正規雇用や自営業の人にとっては、今の状況は自分の生活を維持することが厳しい場合もありますよね。
自分が申請しても良いかどうか分からないから諦める、ハードルが高いから無理だろう…等の、自己判断は絶対にしないで下さい。
何よりも先に最低限の生活を維持することが大切ですから、困った時こそセーフティネットを活用し、乗り切るようにしましょう。

2020年5月4日

お役立ち情報 関連記事

新聞奨学会制度 

奨学金にも種類がある~新聞奨学会制度の仕組みを知ろう~

自治体 融資制度

自治体の融資制度で出産等の不安を軽減できる?~東京都の場合~

テレワーク 労災

テレワーク時に怪我をした時、労災の扱いはどうなるの?

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter