お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

つみたてNISAならではの盲点~スイッチングは避けるべし~

2020年5月8日

投資等を行っている人ならば、自分が投資する商品を常に入れ替える手法が一般的ですよね。
つみたてNISAでも、運用中に気に入った商品があれば選択することができます。
しかし、スイッチングという手法で入れ替えをしてしまい、失敗してしまった人も少なくありません。
なぜ、つみたてNISAではスイッチングがNGなのでしょうか?

つみたてNISAの特徴から~スイッチングが向いていない運用方法~

まずは、つみたてNISAの特徴を少しおさらいしましょう。
つみたてNISAを運用していく場合、投資商品が重要になってきますが、この制度ならではのメリットがありましたよね。
そう、非課税枠です!

これは、毎年定められている上限金額に収まっている場合は、課税の対象とならないお得な仕組みになるでしょう。
非課税枠は、他の制度でも設けられている場合がありますから、資産形成を進めている人にとって有難い内容になりますよね。
しかし、つみたてNISAスイッチングという手法とは相性が良くありません。
なぜなのでしょうか?

そもそもスイッチングとは、新規の投資信託を購入するために、現在まで運用していた投資信託を売却し、その資金で乗り換えることを指します。
つまり、新しい内容で運用するために、前に運用していた内容を全て売り払ってしまうのです。
当然、売り払った時の利益が大きければ、購入時の負担が少なくなりますから、みなさんにとってはダメージの少ない方法に思えるでしょう。

しかし、この方法を取ってしまうと非課税枠の恩恵が受けられず、かえって消費してしまいますから、知らず知らずに有効活用できる範囲が縮小してしまうのです。
意外とこうした事実を知らない人は多いですから、この点が制度上の盲点になるかもしれませんね。

つみたてNISAでは激しい入れ替えはNG!~スイッチングしやすいのは?~

基本的につみたてNISAは、激しいスイッチングを可能とした内容でなく、じっくりと利益を育てていくようなタイプになります。
そのため、入れ替えを行うにしても、少しずつ行うという形が理想的になると言えるでしょう。
この安定性が、つみたてNISAならではの特徴といってもいいですよね。

その一方で、状況の変化に応じながらスイッチングを行いたいという人は、iDeCoを利用した方が向いています。
このように、投資商品の入れ替えという観点から見ても、向き不向きがあることが分かりますよね。
お得情報に関してはほとんどの人がチェックしますが、失敗談も参考にするようにしましょう。

まとめ

つみたてNISAはじっくりと運用する人向けの商品ですから、スイッチングには向きません。
必要な入れ替えならば問題ありませんが、あれもこれもと次々行ってしまうと、非課税枠があっという間になくなってしまいます。
せっかくのお得要素を、失ってしまうのはもったいないですよね。
お得に運用を続けていくためにも、制度上の盲点にも目を向けるようにしてあげて下さい。

2020年5月8日

お役立ち情報 関連記事

iDeCo 運用 

受け取り前のiDeCoの運用で予期せぬ事態があったらどうすべき?

30代 資産形成

30代が陥る落とし穴~資産形成で老後を気にし過ぎてはダメ?~

資産運用 投資

資産運用は堅苦しいものではない!~2つの視点から学ぶ投資の面白さとは~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter