お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

テレワーク時に怪我をした時、労災の扱いはどうなるの?

2020年5月3日

仕事中に何かしらの怪我をしてしまった場合は、労災の適用範囲になります。
適用が認められると治療時の自己負担が軽くなりますから、従業員にとっては心強い仕組みですよね。
しかし働き方が多様化している現在、働く場所が限定されていない場合もあるでしょう。
例えばテレワークの場合、労災の扱いはどうなるのでしょうか?

テレワークであっても労災の適用が認められる

みなさんの中には、テレワークで働いていると会社で働いているわけではないため、労災が適用にならないと思っていませんか?
そんなことはありません!
テレワークだって、立派な働き方の1つです!

働く環境に応じて、認められる範囲が違ってしまうと、同じように仕事をしているのにきちんとした対応がされていないと思ってしまいますよね。
これは些細なことかもしれませんが、不平等を生み出してしまうでしょう。
そのため、会社に出勤して働く人と同じように、保障が受けられるようにしているのです。

これからテレワークを検討している人にとっては、助かる情報ですよね。
何かあった時の保障がしっかりとあるのは、労働環境を問わず、安心して働けることに繋がるでしょう。

テレワーク時に注意すべき労災適用のポイント

テレワークという形で仕事をしたとしても、全ての怪我に対して労災が適用されるわけではありません。
職場で仕事をしている時であっても、何でもかんでも適用されるとは限りませんよね。
どのような労働環境であっても、その怪我が仕事中に発生したものなのか、という部分が適用のポイントになるでしょう。

つまり、私用やプライベートの時間中に発生した内容に関しては、適用されないことになります。
簡単にですが、一例をご紹介しましょう。
例えば、自宅で洗濯物を取り込む際に転んでけがをしてしまった、という場合が挙げられます。
これは明らかに、仕事とは関係のない場面で怪我をしていますよね。

一方で、従業員が企業で定められている労働時間中に何かしらの負傷があった場合には、適用の可能性があるでしょう。
適用されるのは嬉しいことですが、そのためにはしっかりと労働時間の管理が必要になってくる場合もあります。
ですので、企業側と労働時間の管理をどのようにするのか、というような部分を明確化しておく必要があるでしょう。

働き方に不慣れな人は多いと思いますから、事前に企業の担当者と働き方の確認をしておきたいですね。

参考URL厚生労働省
(https://work-holiday.mhlw.go.jp/material/pdf/category7/02.pdf)

まとめ

今回は、テレワーク時の労災についてご説明しました。
多様な働き方が普及する一方で、労働時間や環境によっては、今まで認められていた保障が受けられないということも出てくるかもしれません。
安心して働きだすためには、最初が肝心です。
これについては今までの働き方と何が違うのか、という部分まで細かく確認しておくといいでしょう。

2020年5月3日

お役立ち情報 関連記事

新聞奨学会制度 

奨学金にも種類がある~新聞奨学会制度の仕組みを知ろう~

自治体 融資制度

自治体の融資制度で出産等の不安を軽減できる?~東京都の場合~

緊急小口資金

こんな時だからこそ情報収集を!~緊急小口資金について解説します

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter