お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

扶養の条件が変わる?2020年4月から変わる健康保険の内容とは?

2020年4月26日

社会保険に関する話題として、よく、扶養に入れるかどうかが取り沙汰されますよね。
多くの場合、稼いでいる金額がどのくらいなのかによって加入できるかどうかが変わるでしょうが、それに加え、4月からはある条件が加わるという事をご存知ですか?
今回は、扶養の条件が変化する健康保険の内容を解説したいと思います。

扶養に入れるのは「国内在住」の人~健康保険の内容が変わる~

今まで扶養の条件は稼いだ金額で判断されてきましたが、それに加え、2020年4月からは、健康保険のルールの中に居住地の指定が加わります。
その指定とは、「日本国内に居住している人」になります。
しかし、ほとんどの場合は、特段困る条件ではないと思いますよね。

ですが、海外に住んでいる人を扶養に入れたいという事例は、意外とあるのです。
従来までのルールは、海外に住んでいる親族であれば、申請の要件を満たせば問題ありませんでした。
そのため、要件で問題がなければ、制度の恩恵を受けることができますよね。
多くの人には馴染みのない状況かもしれませんが、ルール上に規定がないため、このような対応も可能だと言えるでしょう。

それが、4月から一変します。
海外に住んでいる人で扶養が認められる人の条件が明確になり、原則は国内居住者という縛りがかかりますから、当然許可が下りない人も出てくるでしょう。
なぜ、このようなルールが決められたのか、みなさんご存知ですか?

外国人労働者の扶養を想定~健康保険に関わる財源負担の拡大~

今回の扶養条件の改正には、外国人労働者が増加している現状に伴い、健康保険を含め社会保険費の増加が関係しています。
労働人口が不足している現在、不足している分を外国人労働者で補うといった対応を取っている企業も多いですよね。
その結果、日本の社会保険に加入している人も増えてきていることが分かるでしょう。

つまり、社会保険への加入者が増加し、今後の財政に影響が出てしまうことが容易に予想されることから、国で一つ対策を取ったということになります。
ある意味では、現行制度を維持するために必要な対応だと、考えることもできるでしょう。
外国人労働者の影響は、仕事面だけでなく、社会保障にも関わってきていますので、日本の政治に密接に関係していると言えますよね。

これは、社会変化による制度変更だと思って下さい。

参考URL打刻ファースト
(https://www.ieyasu.co/media/health-insurance-202004/)

まとめ

扶養のルールの変更は、外国人労働者の受入れの結果、従来の健康保険の内容に不足していた部分になります。
想定されるケースとしては、外国人労働者の家族が扶養の対象者にならないことで、財政の拡大を防ぐことを目的としています。
今回の改正の結果、削除されてしまう人も出てくるでしょう。
特に、外国人労働者の受入れを検討している企業にとっては、重要な改正になりますから、注意して下さいね。

2020年4月26日

お役立ち情報 関連記事

新聞奨学会制度 

奨学金にも種類がある~新聞奨学会制度の仕組みを知ろう~

自治体 融資制度

自治体の融資制度で出産等の不安を軽減できる?~東京都の場合~

緊急小口資金

こんな時だからこそ情報収集を!~緊急小口資金について解説します

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter