お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

社会情勢と投資チャンス~始めるきっかけは自分の判断で~

2020年4月5日

オリンピックをきっかけに、投資にチャレンジしてみようという人は多かったでしょう。
しかし、現在の状況はご存知の通り、好ましい状況ではありませんよね。
だからといって、投資を始めるのを先送りにするのは間違っています。
今回は、社会情勢によって投資の開始時期を判断しない思考について、迫ってみたいと思います。

不安な社会情勢=投資は避けるべきという考えは正しいのか?

現在、みなさんもご存知の通り、新型コロナウイルスの影響で社会的に不安な状況になっていますよね。
不安な状況は、みなさんの生活だけでなく、投資の世界にも影響しているでしょう。
ニュースでも、市場の動きが芳しくないことが報道されており、あまり良い状況でないことが伺えますよね。

このような状況の中で、投資を始めたいと思う人は、中々いないと思います。
ですが、社会情勢が不安定な状況だということは、投資の開始を見送る理由にはなりません。
なぜなら、実際に株の売買を行い、運用するにあたっては注意する部分が出てきますが、何も始めていない段階で見送る理由はありませんよね。
確かに、今初始めても利益が出ない、かえって損してしまうという話を聞くかもしれませんが、果たしてみなさんにも同じことが言えるのでしょうか?

実際に始めてみたら、大変ではあるけれど続けていけるかもしれない、と思うかもしれませんよね。
そのため、現在の状況が良くないから始めるべきでない、という考えは間違っているのです。

社会情勢の動きに注目するより、実際の投資の流れで判断しよう

確かに、社会情勢の影響で株価が変動するということはあり得ますから、投資をするにあたり重要な情報になります。
しかし、全てを鵜呑みにしてしまっては、運用ができませんよね。
やはり、投資をする場合は、株価の動き等市場の動向をきちんと押さえておく必要があるでしょう。

つまり、社会情勢は投資の流れを判断する際の材料なのであって、必ずしも影響する要因ではないのです。
例えば、社会情勢は不安定であっても、企業の動き単体を見るとそこまで悪くない場合もありますよね。
このような事例もあるとなると、その時の流れで判断するしかないことになります。

従って、現在のように落ち着かない状況だから、投資を始めるのはもう少し後にしようとする理由にはならないでしょう。
始めるタイミングは、みなさん自身で決めるべきですよ!

まとめ

社会情勢が良くないと、投資を始めるには良くないから、後から始めようと思ってしまうかもしれません。
ですが、先伸ばしてしまうと、いつまでもチャンスがつかめないままですよね。
チャレンジしたいと思っていても、始めないまま過ごしてしまうのは、時間の無駄です。
投資は、社会情勢というより、自分でやろうと決心した時が吉日になりますので、その熱が冷めないうちに行動してみましょう。

2020年4月5日

お役立ち情報 関連記事

太陽光発電投資

太陽光発電投資で賢く、有意義に利益を出してみませんか?

サブリース 注意点

サブリースを始める人は必見!~事前に知っておきたい注意点~

インフルエンサー・マーケティング 

投資家なら注目したいインフルエンサー・マーケティングとは?

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter