お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

資産形成に積極的な国~アメリカの教育事情を解説~

2020年2月15日

日本での資産形成に対する意識は、ここ数年で確実に定着してきています。
しかし、興味関心がないという人もまだまだいるでしょう。
その一方で、資産形成に積極的に取り組んでいる国が、意外と近場にあることを知っていますか?
今回は、資産形成に積極的なアメリカについて、ピックアップしたいと思います。

資産形成に対する興味が高いアメリカの特徴とは?

資産形成に興味関心の高いアメリカでは、日本と何か違う点があるのでしょうか?
例えば、金融商品が積極的に紹介されていたり、身近に感じられる取り組みがされていたり、ということが考えられますよね。
しかし日本との違いは、それだけではありません。
実は、教育にあるのです。

みなさんは、学校で投資や金融に関することを学んだという記憶はありますか?
例えば、家庭科や社会科で少し触れた記憶があるという人もいると思いますが、じっくりと勉強をするということはありませんでしたよね。
どちらかというと、さらっと知ったという形でないでしょうか?

しかし、アメリカの場合は違います。
学校での授業には、きちんと金融関係や資産について学ぶ場があり、小さな頃からお金との付き合い方を学んでいるのです。
教育の1つとして行われていると、嫌でも身近に感じることができますよね。
また、資産形成とは何か?ということを学んでいますから、大人になってから始めるハードルも低くなり、始めやすくなるでしょう。

興味関心が高いのは、“お金”に関して考える時間が豊富にある結果だと言えますね。

資産形成の関心度の高いアメリカでも、かつては日本と同じだった

現在のアメリカでは、盛んに資産形成が行われていますが、最初からこのような状況だったわけではありません。
かつては、日本と同じように資産形成に対する意識が、アメリカも低い国だったのです。
現在のイメージとは違うと、驚く人もいるかもしれません。

しかし、金融リテラシーによる教育を、幼稚園から高校生まで、その年齢に応じたプログラムを開発・導入することで変化させることができました。
そのため、早い段階からお金を稼ぐ、増やすことの意味を理解していますから、資産に対しての意識も高いと言えるでしょう。
近年は日本も、アメリカの教育を参考にした取り組みが行われていますので、今後の世代に注目したいですね。

お金の知識や扱い方は、やはり大切です。

参考URLじぶん銀行
(https://www.jibunbank.co.jp/column/article/00215/)

まとめ

今回は、資産形成に積極的な国、アメリカについてご紹介しました。
アメリカでは、よくレモネードの販売を通して、労働や商売を学ぶ場面がありますが、お金の動きを知るためには理に叶った方法なのです。
そう考えると、日本では積極的にお金について学ぶ方法が取られなかったということが分かるでしょう。
学校だけでなく、大人のみなさんが教えられることもありますから、次の世代へのレクチャーが大切ですね。

2020年2月15日

お役立ち情報 関連記事

仕組債 特徴

債券と何が違うの?~仕組債独特の特徴をご紹介します!~

仕組債 注意

仕組債のココに注意!~お得な投資商品なのか見極めよう~

iDeCo 死亡 

iDeCoの加入期間中に加入者が死亡した場合の扱いはどうなる?

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter